テニス・その他

【ATPワールドツアー・アワード2020】ジョコビッチが最優秀選手に。その他の賞についても<後編>

男子プロテニス協会(ATP)の公式サイトで「ATPワールドツアー・アワード」の各賞の受賞者が発表されました。

前回からATPアワードの各賞の受賞者の紹介と、受賞理由についてお届けしています。今回は後編。

 

前編はこちら↓

【ATPワールドツアー・アワード2020】ジョコビッチが最優秀選手に。その他の賞についても〈前編〉

女子はこちら↓

WTAプレイヤーアワード2020発表!ソフィア・ケニンが最優秀選手に。受賞理由についても

 



ATPコーチ・オブ・ザ・イヤー:フェルナンド・ヴィセンテ(ルブレフのコーチ)

※ATPワールドツアー・アワードの概要は前編に記してありますので、後編では割愛します。→前編から見る

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fer Vicente(@vinsecte)がシェアした投稿

ATPコーチ・オブ・ザ・イヤーとは、自身がコーチングする選手を、その年により高いパフォーマンスに導くことに貢献したコーチへと贈られる賞です。

今回ノミネートされたのは5名のコーチ。

  • メドベデフのコーチ)Gilles Cervara
  • (シュワルツマンのコーチ)フアン・イグナシオ・チェラ
  • (ティエムのコーチ)ニコラス・マスー
  • シンネルのコーチ)Riccardo Piatti
  • ルブレフのコーチ)フェルナンド・ヴィセンテ

そして、同業者であるコーチたちの投票で、見事選ばれたのがアンドレイ・ルブレフ選手(ロシア)を指導するフェルナンド・ヴィセンテコーチです。

フェルナンド・ヴィセンテコーチはスペイン出身の43歳。元プロテニスプレーヤーで、現役時代のキャリアハイは世界ランキング29位でした。

選手を引退後、プロコーチへと転向。現在23歳のアンドレイ・ルブレフ選手がまだ10代だった2016年から、コーチを務めています。

アンドレイ・ルブレフ選手の今シーズンの活躍は前編でもご紹介していますが、もう一度振り返ってみましょう。

アンドレイ・ルブレフ選手は今シーズン5つの大会で優勝。これは、今シーズンで全選手の中で最も多いタイトルとなっていて、あのジョコビッチですら4タイトルにとどまっています。

また、23位だった世界ランキングも8位まで浮上。その活躍をコート内外でサポートしてきたのが、フェルナンド・ヴィセンテコーチというわけです。

ネットニュースによると

ビセンテ氏は、「私たちは、4年間一緒に仕事をしてきました。コート内外で、お互いのスペースを尊重することができます。それに加えて、2人ともテニスへの強い情熱があります。私たちは、これまで非常に厳しい時期を経験してきましたが、今年は素晴らしい1年を過ごせました。大事なのは、情熱を持って仕事をし続けることで、努力は実を結びます。このレベルに留まりたければ、改善すべき点はまだまだたくさんあります」と語った。

出典:@niftyニュース

とあります。

改善すべき点はまだまだあるとヴィセンテコーチの言葉を聞くと、来年以降のルブレフのますますの活躍に期待してしまいますね。楽しみにしたいと思います。



ファンが選ぶ最も好きなプレーヤー:ロジャー・フェデラー(スイス)

圧倒的な人気を見せたのは世界5位のロジャー・フェデラー選手(スイス)。

39歳のフェデラー選手がはじめてこの賞を受賞したのは2003年のこと。そこから実に18年間連続で受賞となっています。驚異的な数字ですね。

今シーズンのフェデラー選手はというと、右膝を痛めてしまったため、全豪オープンを最後に公式戦には出場していません。

そしてその間に、手術を2度実施。いまは復活を目指してトレーニングを積んでいるようです。

当初の予定では2021年の全豪オープンでの復帰を予定していたようですが、28日にフェデラーの代理人トニー・ゴドシック氏が全豪オープン欠場を明らかにしました。

声明によると、

「彼は過去数カ月、膝の状態と体調面において大きく前進した。しかしチームと相談した結果、彼は長い目で見て全豪オープンの後に復帰することが最善と判断した」

ということなので、全豪オープン以降に復帰を目指して前向きに進んでいる様子が受け取れます。

18年連続でファンに選ばれ続けるスター選手、フェデラー。多くのファンが待ち望む復帰の日を、私も一緒に待ちたいと思います!



ファンが選ぶ最も好きなダブルスチーム:J.マレー/N.スクプスキ(イギリス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jamie Murray(@jamie__murray)がシェアした投稿

ファンが選ぶ最も好きなダブルスチームに選ばれたのはイギリスのジェイミー・マレー/ニール・スクプスキペア。

マレー/スクプスキペアは今シーズン、8月のウェスタン・アンド・サザン・オープン優勝(ATP1000)で準優勝、11月のソフィア・オープン(ATP250)で今季初タイトルを獲得していました。

ATP公式サイトに掲載されたコメントは次の通り。

ジェイミー・マレー

「スクプスキとこのファン人気投票で賞を獲得することができてとても驚いている。難しい環境の中1年を通してサポートしてくれてありがとう。みんなが安全で健康なことを祈っている。クリスマスシーズンや2021年を楽しみにしているし、普通の生活に戻ってファンのみんなとスタジアムで会いたいよ」

 

ニール・スクプスキ

「この賞に投票してくれた世界中のファンにありがとうと言いたい。僕らはこれをとても誇りに思っているし、本当に光栄だ。この賞は特に、2005年らブライアン兄弟がずっととっていたからね」

出典:ATP公式

スクプスキ選手のコメントにある通り、この賞は2005年から14年連続でアメリカのブライアン兄弟が受賞していました。

そして、ブライアン兄弟は今年8月に現役を引退。マレー/スクプスキペアの受賞となりました。

両者のコメントからも、長い間ブライアン兄弟が牛耳ってきたこの賞をまさか自分たちが受賞するなんて…と非常に驚いている様子が印象的ですね。




ステファン・エドバーグ・スポーツマンシップ賞:ラファエル・ナダル(スペイン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ATP Tour(@atptour)がシェアした投稿

<ノミネートされた選手>

 

上記4選手の中で、スポーツマンシップ賞に選ばれたのはラファエル・ナダル選手(スペイン)。3年連続4度目の受賞になります。

今年の全豪オープンで、男子シングルスの試合中にナダル選手の打ったボールが、ボールガールを直撃してしまうというアクシデントがありました。

この時の対応が実にスマート。実際の動画はこちらです。

ナダルについては2年前にもある振る舞いで注目を集めました。

それは2018年ロジャーズカップ決勝でのことでした。

観客の声援でサーブをミスしたチチパスの抗議に、自ら打ち直しを認める振る舞いを披露。

海外メディアは「正真正銘のスポーツマンシップだ」と絶賛の嵐でした。

選手の投票で決まるATPアワード。そして、ともに戦う相手から選ばれるということは、ナダルは真のスポーツマンシップを体現しているということにほかなりません。

近年、ラケットを折ったりマナーが悪い選手も多くみられる中で、気持ちのよい試合を見せてくれるラファエル・ナダル選手に改めて拍手を送りたいと思います。



アーサー・アッシュ人道貢献賞:フランシス・ティアフォー(アメリカ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Frances Tiafoe(@bigfoe1998)がシェアした投稿

積極的に社会活動に取り組んだ選手に贈られるアーサー・アッシュ人道貢献賞はアメリカのフランシス・ティアフォー選手が受賞しました。

ティアフォー選手は今年、新型コロナウィルスのパンデミック救済のために、アスリートのサイン入り記念品をオークションにかけて、得た資金を慈善団体に寄付しました。

また、黒人のジョージ・フロイド氏の警官による暴行死事件をきっかけに、テニス界の黒人コミュニティーを団結させるビデオを投稿しました。

実際のビデオがこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

Frances Tiafoe(@bigfoe1998)がシェアした投稿

人種差別への抗議に関しては、全米オープンでの大坂なおみ選手のマスクでも注目が集まっていますが、ATPで率先して声を上げ続けているのがフランシス・ティアフォー選手なんですね。

セリーナ・ウィリアムズガエル・モンフィス、ジョーウィルフィード・ツォンガやココ・ガウフなど多数が出演し、ラケットを置いて両手を挙げるその仕草は目を見張るものがあります。

ティアフォー選手は、自身の夢として掲げる1983年全仏のヤニック・ノア氏以来のグランドスラムの黒人チャンピオンになるという目標をやり遂げるため、さらなる飛躍を目指しています。



まとめ

「【ATPワールドツアー・アワード2020】ジョコビッチが最優秀選手。その他の賞についても〈後編〉」ということでお届けしてきました。

今回は、前編で紹介できなかった残りの5つの賞について取り上げてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

各賞の受賞者をあらためてまとめると…

  1. ATPコーチ・オブ・ザ・イヤー:フェルナンド・ビセンテ
  2. ファンが選ぶ最も好きな選手:ロジャー・フェデラー
  3. ファンが選ぶ最も好きなダブルスペア:J.マレー/N.スクプスキ
  4. スポーツマンシップ賞:ラファエル・ナダル
  5. 人道貢献賞:フランシス・ティアフォー

という結果になりました。

 

前編の結果についてはこちら

女子はこちら↓

WTAプレイヤーアワード2020発表!ソフィア・ケニンが最優秀選手に。受賞理由についても

 

今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアしてくれたら嬉しいです!
instagram、twitterのフォローお願いします。

ブログの更新情報をinstagram、Twitterで配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です