プロテニス選手

【リバキナ】かわいいインスタやwikiプロフィール、世界ランキングや過去の戦績についても

カザフスタンの新星エレナ・リバキナ選手。東京オリンピックでベスト4に勝ち残りながらも、惜しくもメダル獲得ならずということで、記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。今回は強いだけでなくカワイイと話題のリバキナ選手について、過去の戦績やインスタ、プロフィールなどをご紹介していきたいと思います。



エレナ・リバキナのwiki的プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Elena Rybakina 🐠(@lenarybakina)がシェアした投稿

国籍 カザフスタン(2018年~)
出身地 ロシア(モスクワ)
生年月日 1999年6月17日
身長・体重 184cm・72kg
利き手 右利き(バックハンドは両手打ち)

エレナ・リバキナ選手はロシアのモスクワで生まれました。エレナ・リバキナにはアンナというお姉さんが居ます。

もともとは体操とアイススケートの選手を目指して姉と一緒に切磋琢磨していました。しかしエレナが背が高すぎるため、どちらのスポーツでもプロになることができないと指導者から言われ…。

6歳の時に父のすすめではじめたのがテニスでした。



リバキナは、スパルタクテニスクラブでアンドレイ・チェスノコフ(元TOP10プレーヤー)やエフゲニア・クリコフスカヤ(元TOP100プレイヤー)らと共に練習をしました。

リバキナはアスリートに特化していない高校に通っていたため、テニスの練習は1日2時間しかありませんでした。そのほかに、近代五種競技の金メダリストであるイリーナ・キセレワのもとでトレーニングを積みました。

エレナ・リバキナは2013年11月、14歳でITFジュニアサーキットにデビューすると、めきめきと頭角を現します。

ジュニア時代の主な戦績は次の通り。

全豪オープンジュニア ベスト4(2017)

全仏オープンジュニア ベスト4(2017)

全米オープンジュニア 3R(2015)

最終的に世界ジュニアランキングで3位にまで登りつめました。

2016年にプロ転向。2018年には国籍をロシアからカザフスタンへ変更しています。



エレナ・リバキナのかわいいインスタグラム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Elena Rybakina 🐠(@lenarybakina)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Elena Rybakina 🐠(@lenarybakina)がシェアした投稿

はぁ~とってもカワイイですね。

現在23歳(2022年時点)のエレナ・リバキナ選手。

インスタグラムでは試合の結果はもちろん、プライベートのオフショットもありますので、是非一度見てみてはいかがでしょうか?キュートな画像が満載ですよ。



エレナ・リバキナ選手の愛用品

エレナ・リバキナ選手の使用ラケットはYONEX Vcore100

インスタ画像を見ると、リバキナ選手の使用ラケットはYonex Vcore100ですね。

こちらのラケットはスピン回転を掛けることに特化したモデル。フェイスサイズ100平方インチ、重さ300g、バランスポイント320mmのいわゆる黄金スペックのラケットです。

こちらのラケットは、管理人まぁちゃんも試打したことがありますが、柔らかい打球感でボールが楽に飛んでくれるラケットです。

フラットでパワフルにガンガン打つとアウトしやすいという点もありますが、非常に強めの回転がかかるので、ぐりぐりスピンを打ちたい方にはおすすめしたいラケットです。

amazonはこちら楽天はこちら

 

エレナ・リバキナ選手のウェアとラケットバック

エレナ・リバキナ選手が着用するウェアはadidas製で、ラケットバックはYonex製のものを使用しています。



エレナ・リバキナのプレースタイル

まずはこちらの動画をごらんください。

エレナ・リバキナ選手はサーブが強いアグレッシブベースライナーです。

ストロークはフォアハンドもバックハンドもフラット系で深さとスピードのコントロールが抜群。相手が嫌がるコースに強烈なストロークを打ち込みます。

そして、サーブが非常に得意で、最高速度は192km/h。大坂なおみ選手の最速が201km/h(錦織圭選手も)ですから、遜色ありませんよね。そのスゴさがわかるのではないでしょうか。

エレナ・リバキナ選手は得意のサーブで、2020年に年間を通して192本のサービスエースを取りました。

現在開催中のウィンブルドンでは、グランドスラムで自身初のベスト4まで勝ち進んでいるリバキナ選手。その原動力となっているのもサービスです。

SF進出をかけた大一番。トムヤノビッチ選手との対戦では1試合で14本のサービスエースを取り、見事勝利することができました。

この勝利により、リバキナ選手はカザフスタンのテニスプレーヤーとして史上初めてグランドスラムの準決勝に到達したプレーヤーとなります。

まだまだ大会は続きます。

是非、リバキナ選手の試合を見る時には、サーブに注目してみてくださいね。

 



エレナ・リバキナの世界ランキングと過去の戦績

世界ランキングの自己最高位

シングルス 12位(2022年1月17日付)

ダブルス 48位(2021年10月18日付)

シングルスで世界ランキング12位は、カザフスタン史上、男子も女子も合わせて最高ランキングです。

過去の戦績

エレナ・リバキナ選手は、過去に2度のツアータイトルを獲ています。

  • 2019年7月 ブカレスト・オープン 優勝(インターナショナル/クレー)
    6-2,6-0 パトリシア・マリアティグ
  • 2020年1月ホバート国際 優勝(インターナショナル/ハード)
    7-6,6-3 張帥

 

また、グランドスラムの結果は次の通りです。

シングルス ダブルス
全豪オープン 3R(2020) 2R(2020)
全仏オープン QF(2021) QF(2021)
ウィンブルドン SF(2022) 1R(2021)
全米オープン 3R(2021) 1R(2019)



 

まとめ

「【リバキナ】かわいいインスタやwikiプロフィール、世界ランキングや過去の戦績についても」ということでお届けしてきました。

いかがでしたか?

  • リバキナ選手のインスタはテニスだけでなく、プライベートショットも満載で、若者らしいかわいい画像が沢山ありました。
  • リバキナ選手はロシアで生まれ、お父さんのすすめで6歳からテニスを始めていました。アンナというおねぇさんがいることもわかりました。
  • 使用ラケットはYONEXのVcore100、着用ウエアはadidasです。
  • リバキナ選手の過去最高位はシングルス12位、ダブルス48位です。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアしてくれたら嬉しいです!
instagram、twitterのフォローお願いします。

ブログの更新情報をinstagram、Twitterで配信しています。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。