テニス雑学

【考察】男子テニス選手のピークは何歳か?グランドスラム優勝者の年齢を徹底検証!

プロテニス選手のピークはいったい何歳なのか?疑問に思ったので、調べてみることにしました。

今回調べるのは2001年以降のグランドスラム優勝者の平均年齢について。シングルスのピークとダブルスのピークで年齢的に差があるのかという点についても見ていきます。

また、先日31歳を迎えた日本のエース錦織圭選手は、まだまだグランドスラム優勝を目指すことが可能なのか?統計的な面から検証していきたいと思います。

 

全豪OP2000年以降の優勝者、シングルス平均年齢は26.85歳!

男子シングルス優勝者一覧

2001 アンドレ・アガシ 30 2011 ノバク・ジョコビッチ 23
2002 トーマス・ヨハソン 26 2012 ノバク・ジョコビッチ 24
2003 アンドレ・アガシ 32 2013 ノバク・ジョコビッチ 25
2004 ロジャー・フェデラー 21 2014 スタン・ワウリンカ 28
2005 マラト・サフィン 25 2015 ノバク・ジョコビッチ 27
2006 ロジャー・フェデラー 23 2016 ノバク・ジョコビッチ 28
2007 ロジャー・フェデラー 24 2017 ロジャー・フェデラー 34
2008 ノバク・ジョコビッチ 20 2018 ロジャー・フェデラー 35
2009 ラファエル・ナダル 22 2019 ノバク・ジョコビッチ 31
2010 ロジャー・フェデラー 27 2020 ノバク・ジョコビッチ 32

2001年以降、全豪オープンでシングルスに優勝した選手と年齢の一覧です。

最年少優勝は2004年のノバク・ジョコビッチ選手。20歳での優勝でした。

最高齢優勝は2018年のロジャー・フェデラー選手。35歳での優勝でした。

2001年以降の優勝者の平均年齢は…26.85歳!

男子ダブルス優勝者一覧

2001 ヨナス・ビョルクマン 28 トッド・ウッドブリッジ 29
2002 マーク・ノールズ 30 ダニエル・ネスター 29
2003 ミカエル・ロドラ 22 ファブリス・サントロ 31
2004 ミカエル・ロドラ 23 ファブリス・サントロ 32
2005 ウェイン・ブラック 31 ケビン・ウリエット 32
2006 ボブ・ブライアン 27 マイク・ブライアン 27
2007 ボブ・ブライアン 28 マイク・ブライアン 28
2008 ジョナサン・エルリック 30 アンディ・ラム 27
2009 ボブ・ブライアン 30 マイク・ブライアン 30
2010 ボブ・ブライアン 31 マイク・ブライアン 31
2011 ボブ・ブライアン 32 マイク・ブライアン 32
2012 リーンダー・パエス 38 ラデク・ステパネク 33
2013 ボブ・ブライアン 34 マイク・ブライアン 34
2014 ルカシュ・クボット 31 ロベルト・リンドステット 36
2015 ファビオ・フォニーニ 27 シモーネ・ボレッリ 29
2016 ジェイミー・マレー 29 ブルーノ・ソアレス 33
2017 ヘンリ・コンティネン 26 ジョン・ピアース 28
2018 ヘンリ・コンティネン 27 ジョン・ピアース 29
2019 ピエール・ユーグ・エルベール 27 ニコラ・マユ 38
2020 ラジーブ・ラム 35 ジョー・ソールズベリー 27

2001年以降、全豪オープンでダブルスに優勝した選手と年齢の一覧です。

最年少優勝は2003年のミカエル・ロドラ選手。22歳での優勝でした。

最高齢優勝は2012年のリーンダー・パエス選手が38歳、同じく2019年ニコラ・マユ選手が38歳で優勝しています。

2001年以降のダブルス優勝者の平均年齢は…30.02歳!

シングルスと比較すると、3.17歳シングルスの方が若い結果となりました。

全仏OP2000年以降の優勝者、シングルス平均年齢は25.5歳!

男子シングルス優勝者一覧

2001

グスタボ・クエルテン

24

2011

ラファエル・ナダル

24

2002

アルベルト・コスタ

26

2012

ラファエル・ナダル

25

2003

ファン・カルロス・フェレーロ

23

2013

ラファエル・ナダル

26

2004

ガストン・ガウディオ

25

2014

ラファエル・ナダル

27

2005

ラファエル・ナダル

18

2015

スタン・ワウリンカ

29

2006

ラファエル・ナダル

19

2016

ノバク・ジョコビッチ

28

2007

ラファエル・ナダル

20

2017

ラファエル・ナダル

30

2008

ラファエル・ナダル

21

2018

ラファエル・ナダル

31

2009

ロジャー・フェデラー

26

2019

ラファエル・ナダル

32

2010

ラファエル・ナダル

23

2020

ラファエル・ナダル

33

2001年以降、全仏オープンでシングルスに優勝した選手と年齢の一覧です。

最年少優勝は2005年のラファエル・ナダル選手。18歳での優勝でした。

最高齢優勝は2020年の同じくラファエル・ナダル選手。33歳での優勝でした。

2001年以降の優勝者の平均年齢は…25.5歳!

男子ダブルス優勝者一覧

2001 マヘシュ・ブパシ 26 リーンダー・パエス 27
2002 エフゲニー・カフェルニコフ 28 ポール・ハーフース 36
2003 ボブ・ブライアン 23 マイク・ブライアン 23
2004 グザビエ・マリス 24 オリビエ・ロクス 23
2005 ヨナス・ビョルクマン 32 マックス・ミルヌイ 27
2006 ヨナス・ビョルクマン 33 マックス・ミルヌイ 28
2007 マーク・ノールズ 35 ダニエル・ネスター 34
2008 パブロ・クエバス 22 ルイス・オルナ 27
2009 ルーカス・ドロウヒー 26 リーンダー・パエス 35
2010 ダニエル・ネスター 37 ネナド・ジモニッチ 33
2011 マックス・ミルヌイ 33 ダニエル・ネスター 38
2012 マックス・ミルヌイ 34 ダニエル・ネスター 39
2013 ボブ・ブライアン 34 マイク・ブライアン 34
2014 ジュリアン・ベネトー 32 エドゥアール・ロジェ・バセラン 30
2015 イワン・ドディグ 30 マルセロ・メロ 31
2016 フェリシアーノ・ロペス 34 マルク・ロペス 33
2017 ライアン・ハリソン 25 マイケル・ヴィーナス 29
2018 ピエール・ユーグ・エルベール 26 ニコラ・マユ 37
2019 ケビン・グラビーツ 27 アンドレアス・ミース 28
2020 ケビン・グラビーツ 28 アンドレアス・ミース 29

2001年以降、全仏オープンでダブルスに優勝した選手と年齢の一覧です。

最年少優勝は2008年のパブロ・クエバス選手。22歳での優勝でした。

最高齢優勝は2012年のダニエル・ネスター選手。39歳での優勝でした。

2001年以降の優勝者の平均年齢は…30.25歳!

シングルスと比較すると、4.75歳シングルスの方が若い結果となりました。

ウィンブルドン2000年以降の優勝者、シングルス平均年齢は25.52歳!

男子シングルス優勝者一覧

2001 ゴラン・イワニセビッチ 29 2011 ノバク・ジョコビッチ 23
2002 レイトン・ヒューイット 21 2012 ロジャー・フェデラー 29
2003 ロジャー・フェデラー 20 2013 アンディ・マレー 26
2004 ロジャー・フェデラー 21 2014 ノバク・ジョコビッチ 26
2005 ロジャー・フェデラー 22 2015 ノバク・ジョコビッチ 27
2006 ロジャー・フェデラー 23 2016 アンディ・マレー 29
2007 ロジャー・フェデラー 24 2017 ロジャー・フェデラー 34
2008 ラファエル・ナダル 21 2018 ノバク・ジョコビッチ 30
2009 ロジャー・フェデラー 26 2019 ノバク・ジョコビッチ 31
2010 ラファエル・ナダル 23 2020

2001年以降、ウィンブルドンでシングルスに優勝した選手と年齢の一覧です。

最年少優勝は2003年のロジャー・フェデラー選手。20歳での優勝でした。

最高齢優勝は2017年の同じくロジャー・フェデラー選手。34歳での優勝でした。

2001年以降の優勝者の平均年齢は…25.52歳!

男子ダブルス優勝者一覧

2001 ドナルド・ジョンソン ジャレッド・パーマー
2002 ヨナス・ビョルクマン 29 トッド・ウッドブリッジ 30
2003 ヨナス・ビョルクマン 30 トッド・ウッドブリッジ 31
2004 ヨナス・ビョルクマン 31 トッド・ウッドブリッジ 32
2005 ステファン・フース 29 ウェスリー・ムーディ 26
2006 ボブ・ブライアン 27 マイク・ブライアン 27
2007 アルノー・クレマン 27 ミカエル・ロドラ 26
2008 ダニエル・ネスター 35 ネナド・ジモニッチ 31
2009 ダニエル・ネスター 36 ネナド・ジモニッチ

32

2010 ユルゲン・メルツァー 29 フィリップ・ペッシュナー 26
2011 ボブ・ブライアン 32 マイク・ブライアン 32
2012 フレデリク・ニールセン 28 ジョナサン・マレー 25
2013 ボブ・ブライアン 34 マイク・ブライアン 34
2014 バセク・ポシュピシル 24 ジャック・ソック 21
2015 ホリア・テカウ 30 ジャン・ジュリアン・ロジェ 33
2016 ピエール・ユーグ・エルベール 24 ニコラ・マユ 35
2017 ルカシュ・クボット 35 マルセロ・メロ 33
2018 マイク・ブライアン 39 ジャック・ソック 25
2019 ファン・セバスティアン・カバル 33 ロベルト・ファラ 32
2020

2001年以降、ウィンブルドンでダブルスに優勝した選手と年齢の一覧です。

最年少優勝は2014年のジャック・ソック選手。21歳での優勝でした。

最高齢優勝は2018年のマイク・ブライアン選手。39歳での優勝でした。

2001年以降の優勝者の平均年齢は…30.08歳!

シングルスと比較すると、4.56歳シングルスの方が若い結果となりました。

全米OP2000年以降の優勝者、シングルス平均年齢は25.2歳!

男子シングルス優勝者一覧

2001 レイトン・ヒューイット 20 2011 ノバク・ジョコビッチ 23
2002 ピート・サンプラス 30 2012 アンディ・マレー 25
2003 アンディ・ロディック 21 2013 ラファエル・ナダル 26
2004 ロジャー・フェデラー 21 2014 マリン・チリッチ 25
2005 ロジャー・フェデラー 22 2015 ノバク・ジョコビッチ 27
2006 ロジャー・フェデラー 23 2016 スタン・ワウリンカ 30
2007 ロジャー・フェデラー 24 2017 ラファエル・ナダル 30
2008 ロジャー・フェデラー 25 2018 ノバク・ジョコビッチ 30
2009 ファン・マルティン・デルポトロ 20 2019 ラファエル・ナダル 32
2010 ラファエル・ナダル 23 2020 ドミニク・ティエム 27

2001年以降、全米オープンでシングルスに優勝した選手と年齢の一覧です。

最年少優勝は2001年のレイトン・ヒューイット選手と2009年のファン・マルティン・デルポトロ選手。ともに20歳での優勝でした。

最高齢優勝は2019年の同じくラファエル・ナダル選手。32歳での優勝でした。

2001年以降の優勝者の平均年齢は…25.2歳!

男子ダブルス優勝者一覧

2001 ケビン・ウリエット 28 ウェイン・ブラック 27
2002 マヘシュ・ブパシ 27 マックス・ミルヌイ 24
2003 ヨナス・ビョルクマン 30 トッド・ウッドブリッジ 31
2004 マーク・ノールズ 32 ダニエル・ネスター 31
2005 ボブ・ブライアン 26 マイク・ブライアン 26
2006 マルティン・ダム 34 リーンダー・パエス 32
2007 シーモン・アスペリン 33 ユリアン・ノール 33
2008 ボブ・ブライアン 29 マイク・ブライアン 29
2009 ルーカス・ドロウヒー 26 リーンダー・パエス 35
2010 ボブ・ブライアン 31 マイク・ブライアン 31
2011 ユルゲン・メルツァー 30 フィリップ・ペッシュナー 27
2012 ボブ・ブライアン 33 マイク・ブライアン 33
2013 リーンダー・パエス 39 ラデク・ステパネク 34
2014 ボブ・ブライアン 35 マイク・ブライアン 35
2015 ニコラ・マユ 34 ピエール・ユーグ・エルベール 23
2016 ジェイミー・マレー 29 ブルーノ・ソアレス 33
2017 ジャン・ジュリアン・ロジェ 35 ホリア・テカウ 32
2018 マイク・ブライアン 39 ジャック・ソック 25
2019 ファン・セバスティアン・カバル 33 ロベルト・ファラ 32
2020 マテ・パビッチ 27 ブルーノ・ソアレス 37

2001年以降、全米オープンでダブルスに優勝した選手と年齢の一覧です。

最年少優勝は2015年のピエール・ユーグ・エルベール選手。23歳での優勝でした。

最高齢優勝は2018年のマイク・ブライアン選手、2013年のリーンダー・パエス選手。ともに39歳での優勝でした。

2001年以降の優勝者の平均年齢は…31歳!

シングルスと比較すると、5.8歳シングルスの方が若い結果となりました。

まとめ

「【考察】男子テニス選手のピークは何歳か?グランドスラム優勝者の年齢を徹底検証!」ということで、お届けしてきました。

いかがでしたか?

 

 

まとめると、

  • 全豪OPの優勝者平均年齢はシングルス26.85歳、ダブルス30.02歳
  • 全仏OPの優勝者平均年齢はシングルス25.5歳、ダブルス30.25歳
  • ウィンブルドンの優勝者平均年齢はシングルス25.52歳、ダブルス30.08歳
  • 全米OPの優勝者平均年齢はシングルス25.2歳、ダブルス31歳

(すべて2001年以降の平均)

ということがわかりました。

四大大会全大会での平均は、シングルス25.76歳。ダブルス30.33歳でした。

 

 

2014年錦織圭選手が、全米オープンの決勝まで進みましたが、あの時が24歳ですから、シングルスのピーク真っ只中だったと言えそうですね。

 

その錦織圭選手も、現在31歳になりました。

ビッグ3で見れば、30代を過ぎてもグランドスラム優勝などの活躍がありますが、ビッグ3以外でいうと30代でのグランドスラムタイトルはアンドレ・アガシ、ピート・サンプラス、スタン・ワウリンカの3名のみ。(2001年以降)

 

錦織選手の年齢を見るとダブルスの活躍はあっても、シングルスの躍進というのは、年齢だけ見るとなかなか厳しいという印象を受けてしまいますね。

しかしながら、管理人個人としては、2021シーズンが錦織圭選手が怪我無く、安定して良いプレーができるように、応援したいですね。

 

このページは以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログランキングに参加しています。

一日1クリック応援お願いします。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアしてくれたら嬉しいです!
instagram、twitterのフォローお願いします。

ブログの更新情報をinstagram、Twitterで配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です