テニス・その他

管理人が実際にやってしまった失敗談 エピソード3「なぜか忘れちゃうアイツ」【テニスあるある】

テニスをしていると、いろいろなことが起こります。取り返しのつかない失敗もありますが、クスッと笑えるものまでさまざまです。

今回もテニス歴ウン十年の管理人ことまぁちゃんと、その夫えーちゃんが実際にやってしまった失敗談についてお話していきたいと思います。

 

失敗エピソード1「試合に向かう途中の悲劇」はこちら

失敗エピソード2「今も語り継がれる飛行機事件」はこちら



エピソード3「なぜか忘れちゃうアイツ」

これは、管理人まぁちゃんも、その夫えーちゃんも体験したエピソードになります。

 

テニスといえばコレ!というくらいに、テニス道具の大定番であるアイツ。

 

なんでか忘れちゃうんですよねぇ。

なければテニスができないのに…

 

ということで、今回は2本立てです。

最初はまぁちゃんの失敗談から!



その1)電車に置き去り事件【まぁちゃん】

それは、大学時代のことでした。

当時は、大学の体育会テニス部に所属して、週4~5日程度練習をしていました。

 

実家から大学までは、ドアツードアで1時間半。

電車を乗り継いで、毎日通学していました。

 

1時間半、けっこう暇ですよね。

当時は歴史小説にはまっていたので、毎日小説を読んで時間をつぶしていました。

 

しかし、、、

テニスの練習がキツければ、眠くなっちゃいますよねぇ。

 

ということで、帰りの電車はよく寝てしまっていました。

乗り過ごしたことも、何回かあります。

 

 

そんな、ある日のことでした。

 

その日は、いつも以上に練習がしんどくて、いつも以上に疲れていて。

 

乗り換えがあるので、そこまでは何とか起きていましたが、乗り換えた後はラケットバックを網棚に置いて、手持ちのバッグをぎゅっと抱えて即爆睡でした。

 

同じ方面に帰る同期や後輩たちが一人ひとり居なくなり、ひとり爆睡を続けるまぁちゃん。

 

目が覚めたのは、自分が降りる駅に着いた時でした。

 

「ん!?あ、やばい!降りなきゃ…!!!」

 

バタバタバタバタ!!!

 

プシュー…

 

何とかギリギリ降りることができました。

 

「よかったぁ~」

 

とホッとして、自宅まで自転車で帰宅。

 

そこで何かが足りないことに気づきました。

 

「あれ?」

「…ラケット、なくない?!」

「やばい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

「忘れたー!!!!?」

「どうしよう!!!? …どうしよう!!!!」

 

もう、プチパニック。

 

電車に物を忘れるのは、まぁちゃんにとってはじめてのこと。

なにからどうしたら良いのか、どこに電話したらいいのか、駅に行った方がいいのか、もう何からやったらいいのか全然落ち着いて考えられませんでした。

 

とりあえず、一緒に帰っていた友達にメール。

「やばい、ラケット電車に忘れたっぽい。どうしよう」

 

ただ、オロオロするばかりの私とは違って、冷静な友人。

「ちょっと電話して確認してみるからちょっと待ってて。」

「黒いソフトカバーに入ってたよね。ラケット2本?わかった」

 

ラケットをなくしたなんて、親にも言えない。

「どうしよう。見つからなかったら。」

悪いことばかり、頭でグルグルグルグル考えてしまいました。

 

だってラケット、高いじゃないですか。

しかも自分で買ったものならともかく、親に買ってもらっている分際で、テニスで一番大事な商売道具を無くすなんて。

思い出すだけで恐ろしい。

 

 

そして、待ちに待った友達からの連絡。

どうやら終点で保管してくれているということがわかりました。

 

 

「はぁ~よかった…」

 

友達の「ちょっと待ってて」から、だれにも言えずに部屋でじっとしていたまぁちゃん。

あの時ほど、時間の流れが遅く感じたことはありませんね。

 

その日はすでに時間がおそかったこともあって、翌日取りに行くことに。

友達はその時も一緒に付き添ってくれました。

 

 

いやぁ、ホント何にもできなかったので、この件に関しては主体的に動いてくれた友達に感謝の気持ちしかありません。

 

 

以上。

これが電車におきざり事件の全容です。

 

 

ここから学んだのは、「なくなって困るものは網棚に荷物は置かない」ということ。

 

ついついラケットとか大きな荷物があると、混雑時に邪魔だしほかの人にも迷惑なので、網棚に置いてしまいがちなんですけど、なくなって困るものは絶対に網棚に置かない!!!

 

この一件があってからは、「置き忘れるかもしれない」という気持ちをもって置くようにしています。

 

置き忘れないようにという緊張感があるので、それからは網棚に何かを置き忘れることはなくなりましたが、にがーい思い出です。

 

みなさんは、ラケットを置き忘れた!なんて、こんな経験ありませんか?



その2)実はわりと頻繁に…(笑)【えーちゃん】

えーちゃんの場合は、まぁちゃんのと違って、わりと頻繁にカジュアルにおきているようです(笑)

 

文字通りテニスをしに出かけたのに、ラケットをおうちに忘れてきてしまったパターンのやつです。

 

時間があればお家に取りに帰ればいい話しですが、大抵それだと間に合わないことが多い。

 

えーちゃん家には、かつてまぁちゃん用とえーちゃん用で車が2台ありまして、ラケットを忘れるときは、大抵いつもと違う車でテニスに行ったときでした。

 

基本的にラケット&シューズ類は車の中に入れっぱなしにしているえーちゃん。

そのため、違う車を使うときは、ほぼ必ずと言ってもいいほどラケットやシューズを忘れてしまっていました。(…学習しない男(笑))

 

 

こんなときの対応策は、以下の通り!!笑

  1. 「忘れちゃいましたすみません」と素直に伝えて、一緒に練習してくださっている皆さんに借りる。
  2. 車のトランクにあった「まぁちゃん(嫁)のラケット」をしれっと使う。

どちらもお恥ずかしい感じではありますが、練習行って参加できないのが一番参りの方々に迷惑を与えてしまうので、やむなくという感じです。

 

そういえば昔誘われて参加したお楽しみの団体戦のときも忘れたことがありました。

和気あいあいした試合だと聞いていたので、ラケットを忘れたと気づいたときは「まあまぁちゃんのラケットあったからいっか!」

 

と臨んだものの、、

そんな大会にもいるんですよねやっぱり強者が…( ;∀;)

決勝までは騙しだましやることができていたのですが、急にレベルが上がった決勝戦ではやっぱりごまかせず…

ミスばっかりして負けてしまいました(´;ω;`)

 

このときは本当に後悔しましたよね本当↓↓

やっぱり事前準備は大切だと痛感した出来事でした。。



まとめ

いかがでしたか?

ラケットの忘れは皆さんも一度はやったことがある失敗ではないでしょうか?

テニスをしに行っているのにラケットを忘れるというあの情けなさ…

その瞬間はとっても辛い。。

 

一緒に気をつけていきましょう!!

 

ということで、今回は以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

引き続きエピソード4を準備中です。次回もお楽しみに〜。

 

1日1クリックお願いします!

シェアしてくれたら嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です