男子プロテニス選手

アルカラスのコーチは元全仏覇者フェレーロ!身長体重などプロフィールや戦績についても

スペインから10代の新星が登場!名前はカルロス・アルカラス。先日行われたリオ・オープンでツアーレベルでの初勝利を飾りました。今回は、スペインの新星、16歳のカルロス・アルカラス選手について、身長体重などプロフィールや過去の戦績についてまとめていきたいと思います。



カルロス・アルカラスって誰?身長、年齢、出身などwiki的プロフィール

スペイン出身のカルロス・アルカラス・ガルフィアは2003年5月5日生まれの現在16歳です。

身長は185cm、体重は72kg、右利きでバックハンドは両手打ちです。

スペイン出身の若手有望株ということで、世間では「ナダルの後継者」とも呼ばれているようです。

先日リオ・オープンでATPツアーデビューを果たしましたが、1Rで世界41位の選手に勝利しました。

若干16歳でTOP50位以内の選手に勝ったのですから、将来の有望株というのは間違いありません。

しかし、ナダルの後継者というのは、本人にとっては少し違う様子。

ラファエル・ナダルは、アルカラスにとってのアイドルであるものの、プレースタイルとしてはフェデラーのようなスタイルが好きなのだと言います。

画像をクリック

以下、テニスデイリーから引用。

アルカラスは自身のプレースタイルについてこう語っている。

「僕はアグレッシブでウィナーを量産するプレーが好きだ。僕のプレースタイルは程度の差はあれ、フェデラーのようだと思う。アグレッシブにネットに出て、ドロップショットもたくさん打つんだ」

出典:https://www.thetennisdaily.jp/news/atp/2020/0040220.php

どうやらフェデラーをリスペクトしているようですね。

 

世界ランキングは2018年末で1491位、2019年末で492位でしたが、最新のランキングでは自身最高位の314位にまで上げてきています。

これからどんな成長をみせてくれるのか、楽しみです。



コーチを務めるのは元全仏覇者、ファン・カルロス・フェレーロ!

ファン・カルロス・フェレーロさんは、2012年までプロテニス選手として活躍していました。

昔からテニスを見てきたファンの方にとっては、懐かしい顔といえるかもしれません。その端正な顔立ちで、日本でもたくさんのファンがいましたね。

現役時代は全仏優勝、全米準優勝の活躍で、世界ランキングで1位にもなったレジェンドです。

そんなフェレーロさんはアルカラス選手をこう評価しています。

「彼はまだ16歳で、世界を旅し始めたばかり。彼のレベル、スピード、身体能力は日に日によくなっているから、将来的に最高の一人になれると思う」

また「彼はATPツアー最大のタイトルを手にするプレーヤーになるだろう」と絶賛することも。

実際、本人も学ぶことに貪欲で、ナダルやフェレーロと一緒のときはとても貴重だから、自分はなるべくしゃべらずに、彼らが言っていることをもらさず聞くようにしているのだと言います。

勤勉な姿勢が素晴らしいですね。まだまだ16歳の選手がここまでまっすぐにテニスに向き合っている姿勢は好感が持てますし、こういう選手こそ、トップにのし上がっていくのではないかと思わざるを得ません。

まだ、世界ランキングは314位ですが、近い将来TOP100、TOP50とランキングをあげてくるでしょう。

それが今年なのか来年かはわかりませんが、楽しみに待ちたいと思います。

 



スペインはテニス大国?top100に9人もの選手が!

テニス大国スペインは、多くのトップ選手がいますが、そのうち6人が30代と最も多いそうです。

一覧にしてみましたので、下記をご覧ください。

 

順位 選手名 年齢
ラファエル・ナダル 33
12 ロベルト・バウティスタ・アグート 31
27 パブロ・カレノ・ブスタ 28
45 アルベルト・ラモス 32
51 フェルナンド・ベルダスコ 36
52 フェリシアーノ・ロペス 38
54 パブロ・アンドゥハル 34
97 カルバレス・パエナ 27
98 アレハンドロ・ダビドビッチ・フォキナ 20

 

98位のアレハンドロ・ダビドビッチ・フォキナ選手は20歳と若手ですが、全体的にみると30歳以上のベテラン選手が多いのがわかりますね。

昨年、ヤニック・シナー選手が年始に500位だったランキングを年末には78位へと上げました。

ネクストジェンファイナルズでの優勝などといった活躍があったからですが、アルカラス選手も2020年の活躍次第ではランキングのジャンプアップも可能ということが分かります。

デビュー戦で勝利した、若干16歳のアルカラス選手。テニス大国スペインの若手不足を救う、救世主となるのでしょうか。今後の活躍に期待しましょう。



 

カルロス・アルカラスの戦績や使用アイテムについて

16歳のカルロス・アルカラスは、これまでの2003年産まれの選手の中で最も優秀な選手の一人です。

これまでにチャレンジャーで7回優勝し、2019年にデニアでプロ初タイトルを獲得しました。

これで8番目にわかいフューチャーズチャンピオンとなったアルカラス選手。

2002年にプロ初タイトルを獲得したラファエル・ナダルよりも1か月早く偉業を成し遂げたことになります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Carlos Alcaraz Garfia(@carlitosalcarazz)がシェアした投稿

2020年ワイルドカードで出場したリオ・オープンで、アルカラス選手は1R、同じスペイン人のアルベルト・ラモス・ピノラス(41位)と対戦しました。

勝負はファイナルセットまでもつれ、相手に先にリードされましたが、そこから5ゲーム連取の反撃。

タイブレークまでおいあげられましたが、最後は見事勝利し、アルカラス選手はATPツアーのデビュー戦を勝利で飾ることができました。

試合時間は3時間を優に超え、試合が終わったのは午前3時。

画像をクリック

また、アルカラス選手が世界ランキング100位以内の選手に勝ったのはこれがはじめてのことでした。

使用アイテムですが、画像の通り、ラケットはbabolatの「pure aero」、アパレルは「NIKE」を着用しています。



まとめ

いかがでしたか?

ここまでスペインの新星、カルロス・アルカラス選手について見てきました。

まだ16才でありながらTOP50の選手を倒すということからも、非常に可能性を感じることができますね。

まだ、ナダルやフェレーロと一緒の時は一言も漏らさないように聞いているというコメントからも、非常にまじめな一面が見られました。

まだATPツアーでの活動ははじまったばかりなので、これからどのような成長を見せてくれるのかが楽しみです。

師であるフェレーロが言う通り、ATPツアー最大のタイトルを手にするプレーヤーになるのか?

今後のアルカラス選手に注目です。

シェアしてくれたら嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です