女子プロテニス選手

ポドロスカは大坂なおみと同い年!wiki的プロフィールや過去の戦績、着用ウェア・使用ラケットについても

開催中の全仏オープンで予選からベスト4まで勝ち上がってきたナディア・ポドロスカ選手。明日10月8日には同じくノーシードから勝ち進んできたイガ・シフィオンテク選手と決勝進出をかけて争います。

注目の準決勝を前に、ポドロスカ選手がどんな人物なのか、しっかりリサーチしてお届けします。このページを読むと、ポドロスカ選手のプロフィールや過去の戦績、使用ラケット・ウェアについてよくわかります。



大坂と同い年?ナディア・ポドロスカwiki的プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nadia Podoroska 🎾🇦🇷(@nadiapodoroska)がシェアした投稿

名前 ナディア・ポドロスカ
国籍(出身地) アルゼンチン(ロサリオ)
生年月日 1997年2月10日(23歳)
身長・体重 170cm・60kg
利き手 右利き(バックハンドは両手打ち)

1997年生まれのナディア・ポドロスカ選手。1997年生まれと言えば、大坂なおみ選手と同じ生まれ年です。

ポドロスカ選手は、5歳からテニスをはじめました。好きなサーフェスはハード(ITFプロフィールより)。

しかしながら、全仏の活躍を見る限り、クレイコートでも十分に適応しているなぁと感じました。

 

ナディア・ポドロスカ選手は最新のWTAランキングで131位となっています。キャリアハイは130位(2020年9月6日付)。2019年末の最終ランキングが259位ですから、すごいジャンプアップと言えますね。

右肩上がりでランキングも急上昇しています。今後の活躍が楽しみです。



ナディア・ポドロスカのプレースタイル

まずは快進撃を続ける、全仏オープン準々決勝のハイライト動画をご覧ください。

対戦相手は、第3シードでモンフィスの彼女、エリナ・スビトリナ選手です。

131位のポドロスカ選手にとって、世界ランク5位のスビトリナ選手は圧倒的に格上の相手。そして、初めての準々決勝ということで緊張して固くなっても仕方のない状況です。

しかしながら、スビトリナ選手の守備型のプレーにしっかりとフィットし、テンポのよいストロークと早いバックハンドのダウンザライン、そしてドロップショットで相手を翻弄しています。

ポドロスカ選手はコートを広く使うのがとても上手で、深いボールで相手をコートの後ろに釘付けにすると、すかさずドロップショットをしかけたり、的確なタイミングでダウンザラインを打つことができます。

また、チャンスがあれば果敢にネットにつめ、ボレーでポイントを取りに行きます。そんなアグレッシブなプレーも試合の見どころの一つといえるでしょう。

ショットの多彩さや落ち着いた立居振る舞いからは、これまでに一度しかグランドスラム本戦に出場した経験がない(しかも1回戦敗退)、予選上がりの選手とは到底思えませんね。

 

今大会で、ポドロスカ選手は全仏女子史上初めて、予選上がりでベスト4まで勝ち進んだ選手となりました。グランドスラムの他の大会と合わせても、3人目の快挙です。

いまだ予選から決勝へと進出した選手は誰一人いません。

ナディア・ポドロスカ選手が、史上初の予選出場からのグランドスラムファイナリストとなるのか。注目があつまります。



ナディア・ポドロスカの過去の戦績について

ポドロスカ選手はこれまで、ITF下部大会やWTA125、インターナショナルといったカテゴリが主戦場でした。

シングルスに関しては、ITF下部大会では14タイトルを上げていますが、WTAツアーレベルでのタイトルはありません。

また、ダブルスではITF下部大会では7タイトル、インターナショナルで1タイトル獲得しています。

<ダブルス>

2017年4月クラロ・オープン(クレー)優勝 (ペア:ベアトリス・アダットマイア/ブラジル)

 

ということで、グランドスラム本戦への出場回数はこれまでにたったの2回しかありません。結果は次の通りです。

2016年全米オープン 1回戦敗退 6-7.3-6 アニカ・ベック(ドイツ)

2020年全仏オープン 準決勝進出※現在開催中

前回は初戦敗退ということで、ポドロスカ選手にとっては今回の全仏がグランドスラム初勝利となりました!

それだけでも喜ばしいことですが、そこからさらに勝ち星を重ねて準決勝まで勝ち進むというのは、いった誰が想像できたでしょうか。

ここまでの勝ち上がりとしては、本戦5試合を戦って、うち3セットまでもつれた試合が2回。そろそろ疲れも出てくるころですね。

次の対戦相手は、同じくノーシードから勝ち上がってきた新星イガ・シフィオンテク選手。

どんな試合になるか今から楽しみでなりません。

 



ナディア・ポドロスカ選手の使用ラケット・ウェアについて

ポドロスカ選手の使用ラケットはHEADの「radical MP」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nadia Podoroska 🎾🇦🇷(@nadiapodoroska)がシェアした投稿

画像をクリック

ポドロスカ選手はFILAのウェアを着用しています。



まとめ

「ポドロスカは大坂なおみと同い年!wiki的プロフィールや過去の戦績、着用ウェア・使用ラケットについても」ということでお届けしてきました。

いかがでしたか?

ナディア・ポドロスカ選手についてまとめると

  • 5歳からテニスをはじめた。
  • インターナショナル、WTA125、W60、W30が主戦場。グランドスラム本戦は全仏で2回目。
  • オープン化以降初の全仏オープン予選上がりからの準決勝進出の快挙を達成した。
  • 使用ラケットはHEAD RadicalMP、着用ウエアはFILA。
  • 次の対戦相手は、イガ・シフィオンテク選手。日本時間の10月8日に試合開始予定。

ということがわかりました。

ポドロスカ選手については以上です。

最後までおよみいただきありがとうございました。

 

1日1回応援クリックお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアしてくれたら嬉しいです!
instagram、twitterのフォローお願いします。

ブログの更新情報をinstagram、Twitterで配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です