テニス・その他

テニスは痩せる!4つのオススメ食事法も紹介<ダイエット編>

緊急事態宣言が発令されてから、テニスクラブが閉鎖になったり、公共のテニスコートが使えなくなってテニスができなくなってしまった方が多いのではないでしょうか?えーちゃんもテニスが徐々に少なくなり、気づけば体重増!今回はテニスとダイエットとの関係、そして痩せる食事方法について考えてみたいと思います。



ダイエットについて考えることになったきっかけ

こんにちは。えーちゃんです。

緊急事態宣言が出て、日頃は週に2回だったテニスが1回になり、そしてついに0回に…。

えーちゃんにとっては、テニスをすることが数少ない運動の機会だったのに、ついに全くやれなくなってしまいました。

それでも仕事はなくならない。逆に、コロナ対応に追われてさらに忙しくなる始末です(泣)毎日毎日、本当にストレスが溜まりますよね。

 

こうなると、残る楽しみはやっぱり「食べること」!!!

何を隠そう、えーちゃんは食べることが大好きなのです♥

 

 

ストレスで食事量は増え、運動する機会が減ったえーちゃん。

気づけば体重が…

 

人生でMAX!!(*´Д`)

 

 

…これはやばい(T_T)ということで、今回は「ダイエット」について考えていきたいと思います。



テニスにダイエット効果はある!?

結論から言いましょう。

「テニスに一定のダイエット効果はある」とえーちゃんは考えています!

 

えーうそだー。だってやってるけど全然痩せないし、友達もみんな『痩せないよねー』って言ってるよ

 

と思う方は多いはず。

そう。

「テニスは痩せない」というのが巷の定説ですよね。

 

しかし、えーちゃんは実体験から、それは間違っていると考えます。

その理由を説明していきましょう。

 



テニスは「無酸素運動」だから痩せない!?

テニスは、一般的に痩せると言われるランニングやウォーキングのような「有酸素運動」ではなく、ジムでの筋トレなどと同じ「無酸素運動」の方が多いと言われています。

 

「無酸素運動」は痩せない。

これは世の中の定説ともなっていますが、本当にそうでしょうか?

 

ダイエット目的でジムなどに通ったことのある方はご存じだと思いますが、ジムでメニューを考えるときに言われることは必ずこれです。

「筋肉量を増やして代謝を上げていきましょうね」

 

トレーニングをして筋肉の量を増やすと身体の基礎代謝(生きているだけで消費されるエネルギー)が上がり、勝手に脂肪を燃やしてくれるというサイクルが生まれます。

 

最初に述べましたが、ジムでのトレーニングは「無酸素運動」ですよね。

ということは、同じ無酸素運動であるテニスが痩せないわけがない!となるのです。

 

テニスをした翌日に腕や腰回りが筋肉痛になることありませんか?これはまさにジムでトレーニングをした次の日と同じなのです。

 

ランニングや水泳など、すぐ効果の現れる有酸素運動とは違い、筋肉がつくまで多少時間はかかりますが、テニスは立派な無酸素の筋力トレーニング!

ダイエット効果ももちろん期待できます!!



テニスでダイエット効果を高めるには、「上達」を意識することがポイント!

理屈はなんとなくわかったけど、だったらなんで私痩せないの!?その理屈ならテニスやっているのに痩せないのはおかしい!!

と思う方は、たくさんいると思います。

 

それでは、ここからは「テニスで痩せるAさん」と「テニスで痩せないBさん」の特徴をお伝えしていきます。

 

まず、テニスで痩せないBさんの特徴ですが、Bさんは「ただテニスをしていれば、運動になって痩せる」「楽しければそれでいい」と思っています。

 

続けて、テニスで痩せるAさんの特徴ですが、Aさんは「もっともっと上手くなりたい!」「試合に出て勝ちたい!」「試合で結果を残したい!!」と思っています。

 

これは一見すると、単なる考え方の違いのように感じるかもしれません。

 

ですが、「上達」を意識して練習し、試合に意欲的に出場して、結果を求めて行動できる人はテニスで痩せることができると思います。



もう少し、かみ砕いて説明していきましょう。

 

Bさんは「なんとなく運動してるつもり」「いいショットを決めてやろうとして、ラリーもあまり続かずに単発で終わってしまう」というような傾向があります。

 

逆に、Aさんは、上達を意識してしっかりと目標をもって取り組んでいるため、一球でも多くラリーを続けようとします。ラリーが続く分だけ運動量も増えますから、結果的にAさんは痩せやすくなります。

また、Aさんは試合で結果を残すためと考えて、コートの外でもランニングをしたり、筋トレをしたりするようになります。そして、食事にも気をつけようという意識も出てきます。

 

どうですか?

AさんとBさん。単なる意識の違いではあるものの、その意識に基づいてその後の行動が変わって、Aさんの行う「上達するための行動」が、結果的に「痩せるための行動」につながっているように思いませんか?

テニスが上手く・強くなり、身体も絞ることができる!

一緒に意識を高いAさんを目指していきましょう!!



 

ダイエット目的の痩せる食事法 4選

ここからは、色々試してきたえーちゃんがオススメするダイエット目的の食事法を4つご紹介していきます。

テニスに関係ないと言ったら関係ないですが、この一か月で5kgほど増えて、人生のMAX体重に至ってしまったえーちゃんがどのようにこの危機を回避していくか”(-“”-)”自分の取り組みをお伝えしていきたいと思います。

 

食べ方順ダイエット(難易度★☆☆☆☆)

皆様ご存じ食べ方順ダイエットです。

野菜 → タンパク質 → 糖質(炭水化物)

の順番に食べていきます。始めに糖質を食べると血糖値が凄い勢いで上がります。これを抑えるために体のなかではインシュリンという物質を出して血糖値の上昇を抑えようとするわけですが、このインシュリンが要注意!体に脂肪を溜めようとする働きがあるのです。

 

ですから、まずサラダなどの野菜から食べ、次に肉・魚・豆腐など、そして最後にご飯やパンを食べるようにします。

気にするのは順番だけなので、手軽にできてオススメです。

 

 

夜だけ糖質制限ダイエット(難易度★★☆☆☆)

以前ジムに通っていたときに、ボディービルをしているお友達に教えていただいたダイエット法です。

要は、夜だけ主食(ご飯・パン・麺等)を抜くという方法。ちなみに野菜でもジャガイモやニンジン、サツマイモなどの根菜類は、糖質を多く含んでいるのでなるべく控えます。

人間は寝ている間に脂肪を蓄える性質があります。つまり、寝るときはなるべく空腹の状態で眠ることで余分な脂肪をつけず、さらに言えば痩せる効果も期待できるのです。

 

その代わり、朝はその日のうちに消化されるからいくらでも食べていいとのこと。

家で過ごすときはなるべくこれをやるようにしています。

いつでも始められるのでオススメです。

 

 

16時間空けダイエット(難易度★★★☆☆)

一日の食事を8時間の間に済ませ、残り16時間は一切食事を取らない(水やお茶などはOK)ダイエット法です。

食べ物を消化することは、意外とエネルギーを必要とするため体に多くの負担をかけています。なので、胃の中を空っぽにする時間を意図的に作ることで胃を休ませ、消化不良を防ぐのです。

初めて聞くとなんか大変そうに聞こえますが、意外と頑張れます。

【スケジュール案】

12時:昼食 19時半:夕食(朝食なし)

えーちゃんは、仕事のある日は朝はコーヒーだけで済ませ、昼夜は普通に食べてました。仕事があるとご飯のことを考えている暇もないので我慢している感もなく、そして一日の摂取カロリーも抑えられるの、効果も非常に出やすかったです。

昼・夜は何も考えずいつも通りに食べられるというのがうれしいところですね。

 

 

15時のおやつはOKダイエット(難易度☆☆☆☆☆)

これは、空腹の時間をなるべく作らないことを目的としています。先に紹介した「16時間空けダイエット」で考えてみても、15時のおやつは問題ありません。夕食の食べ過ぎを防ぐ意味でも、

捕食は大切という考えです。

ただし、間食するものはナッツや乾燥フルーツなど、なるべく糖質ではないものを取るようにするとダイエット効果が高まるでしょう。

 

 

えーちゃんは①②③④のハイブリットで取り組んでいこうと考えています。

 

以前お伝えした体幹トレーニングをしつつ、朝糖質を食べたら夜は食べない。朝食べなければ夜は糖質を食べる。

食事の際は必ず野菜から食べ、なるべく糖質を少なくするようにする。

間食はOKだけどなるべく糖質は避ける。

お酒もなるべく糖類の入っていないハイボールを飲む。

 

これはえーちゃんの決意表明でもあります(笑)

がんばるぞ!



まとめ

ここまで、テニスにダイエット効果があることや痩せやすい人の特徴、そしてダイエット目的の痩せる食事法についてお伝えしてきました。

いかがでしたでしょうか?

運動がし辛くなってきている今。

食事を気をつけるしかない!!!

コロナ太りからのダイエット挑戦について、経過はこちらでお伝えしていきますね。

一緒に頑張っていきましょう!!

 

 

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログランキング始めました。

1日、1クリック!応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 テニスブログへ
シェアしてくれたら嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です