女子プロテニス選手

アシュリー・バーティの身長体重などのプロフィールや大坂なおみとの対戦成績、ランキング推移まとめ

2019全仏オープンを制し、WTAファイナルズでも初優勝!2019最終ランキングで世界ランク1位とのりにのっているのは、現在23歳のアシュリー・バーティです。今回はオーストラリアの星、アシュリー・バーティについてまとめていきます。

 



アシュリー・バーティの身長・体重・年齢などwiki的プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ash Barty(@ashbarty)がシェアした投稿


オーストラリア出身のアシュリー・バーティは1996年4月24日生まれの現在23歳です。身長は166㎝、体重は62㎏、右利きでバックハンドは両手打ちです。WTAツアーでシングルス6勝ダブルス10勝をしており、単複で活躍がみられます。

政府機関で働く父親とレントゲン技師の母親のもとに産まれたアシュリー・バーティ。幼いころはバスケットをプレーしていましたが、二人の姉に勝つことができず、テニスに絞ったといいます。テニスをはじめたのは4歳から。

4歳の時から、西ブリスベン・テニスセンターでジム・ジョイスに指導してもらうようになった。ジョイスは通常小さい子どものコーチになることはなかったが、彼女の距離感覚や集中力の高さを見て、例外的に引き受けた。

出典:wikipedeia

wikipediaでこのように紹介されているように、通常子供は指導しないとされるコーチが、例外的に指導を引き受けるという程に、アシュリー・バーティは幼いころから頭角を現していたといえます。



15歳でウィンブルドンジュニアで女子シングルス優勝2010年にプロデビューを果たし、2013年にはダブルスでグランドスラム4大会のうち3大会で準優勝するなど順風満帆ともいえる活躍をしていた矢先…。

2014年全米直後、燃え尽き症候群となりツアー離脱を表明。2015年からは実際に休息に入ります。その間は、クリケット選手として活動。アシュリー・バーティはクリケットでもその能力の高さを見せます。

2016年クリケットシーズンが終了した後、再びテニスに復帰。そして、テニスから1年以上離れていたにも関わらず、復帰後の5大会のうち3大会で優勝をするという活躍を見せます

復帰後の主な大会結果は下記で紹介します。



アシュリー・バーティの主要大会結果とランキング推移

それでは燃え尽き症候群からのテニス復帰後、アシュリー・バーティはどのような活躍をみせたのか、主要大会結果を見ていきましょう。

<シングルス>
2017.3WTAマレーシア・オープン優勝6-3.6-2日比野菜緒

2018.6ノッティンガム・オープン優勝6-3.3-6.6-4ジョアンナ・コンタ

2018.11WTAエリート・トロフィー優勝6-3.6-4王薔

2019.3マイアミ・オープン優勝7-6.6-3カロリナ・プリスコバ

2019.6全仏オープン優勝6-1.6-3マルケタ・ボンドロウソバ

2019.6バーミンガム・クラシック優勝6-3.7-5ユリア・ゲルゲス

2019.11WTAファイナルズ優勝6-4.6-3エリナ・スビトリナ



<ダブルス>

ペア:ケーシー・デラクア

2013.6 バーミンガム・クラシック優勝7-5.6-4カーラ・ブラック/マリーエラコビッチ

2014.5 ストラスブール国際優勝4-6.7-5.10-4タチアナ・ブア/ダニエラ・セグエル

2017.3 WTAマレーシア・オープン優勝7-6.6-3ニコール・メリヒャル/二宮真琴

2017.5 ストラスブール国際優勝6-4.6-2詹皓晴/詹詠然

2017.6 バーミンガム・クラシック優勝6-1.2-6.10-8詹皓晴/張帥

ペア:ココ・バンダウェイ

2018.4 マイアミ・オープン優勝6-2.6-1バルボラ・クレシコバ/カテリナ・シニアコバ

2018.9 全米オープン優勝3-6.7-6.7-6ティメア・バボシュ/クリスティナ・ムラデノビッチ

ア:デミ・シュールス

2018.5 BNLイタリア国際優勝6-3.6-4 アンドレア・セスティニ・フラバーチコバ/バルボラ・ストリコバ

2018.8 ロジャーズ・カップ優勝4-6.6-3.10-8ラティシア・チャン/エカテリーナ・マカロワ

ペア:ビクトリア・アザレンカ

2019.5 BNLイタリア国際優勝4-6.6-0.10-3アンナ=レナ・グローネフェルト/デミ・シュールス

世界ランキングの推移です。325位(2016)→17位(2017)→15位(2018)→1位(2019)と、復帰後は右肩上がりにランキングを上げています。



アシュリー・バーティと大坂なおみとの対戦成績は?

アシュリー・バーティと大坂なおみは4度対戦していて、大坂なおみが2勝、アシュリー・バーティが2勝と五分五分の勝率です。詳細は以下の通り。

2014メキシコ・オープン大坂なおみ2-6.4-6○アシュリー・バーティ

2018.1全豪オープン大坂なおみ○6-4.6-2アシュリー・バーティ

2018.6ノッティンガム・オープン大坂なおみ3-6.4-6○アシュリー・バーティ

2019.9チャイナ・オープン大坂なおみ○3-6.6-3.6-2アシュリー・バーティ

アシュリー・バーティは、大坂なおみより一つ年上です。同世代ですし、今後長くライバル関係になるかもしれませんね。



アシュリー・バーティの最新ラケット・シューズ・ウェア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ash Barty(@ashbarty)がシェアした投稿

アシュリー・バーティの使用ラケットは、Headの「Graphene 360 Speed MP」

このラケットは、アレクサンダー・ズベレフやビアンカ・アンドレースクなどが使用しています。

また、ガットはHEADの「HAWK TOUCH」を使用。

シューズやウェアはFILAを着用しています。



まとめ

いかがでしたか?

今回は2019最終ランキング1位のアシュリー・バーティのプロフィールなどをみてきました。幼いころから、その実力をコーチに見いだされていたことがわかりましたね。

また、順風満帆な中でテニスを離れ、その後復活するという珍しい経験をしていることもわかりました。復帰後はランキングも右肩上がり、この先、大坂なおみと新時代をつくっていくかもしれません。

2020以降もどんな活躍をするのか、アシュリー・バーティから目が離せません。応援していきましょう!

シェアしてくれたら嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です