男子プロテニス選手

バウティスタアグート嫁が美人!錦織との対戦成績やプレースタイル、最新ラケットまとめ

先日結婚を発表したロベルト・バウティスタ・アグート。先日行われたATPカップでも、スペインのナンバー2として大活躍でしたね!今回はそんなバウティスタ・アグート選手について、結婚相手やプロフィール、プレースタイルや主な戦績などの情報をまとめます。

 



バウティスタアグートが結婚した彼女が美人!コンテスト優勝も!?

2019年11月30日。バウティスタ・アグートは長年おつきあいを続けていた彼女と、スペインのヌレスにて結婚式を挙げました。翌日、自身のインスタグラムで結婚を報告しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roberto❤️Ana

Roberto Bautista Agut(@robertobautistaagut)がシェアした投稿 –

とってもきれいな方ですね。結婚相手の女性はどのような人なのでしょうか?調べてみました。

奥様のお名前はアナ・ボディ・トルトーサスペイン出身の現在29歳です。二人の出会いは10代の頃。彼女は、故郷スペインの美人コンテストで優勝したほどの美貌をもち、ファンもいるほどの有名人だそうです。

現在は、バウティスタ・アグートの試合において、ファミリーボックスで声援を送る姿がよく目撃されています。

また、さまざまな面で夫をサポートしているとのことですが、インスタは非公開。SNSでは目立たないようにしているようです。

2019年絶好調のバウティスタ・アグートですが、サポートする奥様の献身的な支えがあっての活躍だったといえそうです。この笑顔を忘れずに、末永くお幸せにしてくださいね!



バウティスタアグートの身長・体重・年齢などwiki的プロフィール

さて、ここからはバウティスタ・アグートのプロフィールについてみていきます。

スペイン出身のロベルト・バウティスタ・アグート1988年4月14日生まれの現在31歳です。身長は183㎝、体重は76㎏、右利きで、バックハンドは両手打ちです。趣味は乗馬。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roberto Bautista Agut(@robertobautistaagut)がシェアした投稿

5歳の時に両親に連れられて行ったテニスクラブで初めてラケットを握りました。当時はサッカーも習っていたようですが、練習を続けていく中で、テニス一本になっていきました。

17歳の時にプロ転向、ツアーデビューは2006年です。初タイトルは2014年に26歳で優勝したATP250のロスマーレン・グラスコート選手権。それも合わせて、現在までに9度のツアー優勝をしています。

グランドスラムでの最高成績は2019年に記録したウィンブルドンのベスト4。昨年末24位だった世界ランキングですが、最新版で9位(2019/12/23)となっています。



バウティスタアグートと錦織圭の対戦成績は?プレースタイルも

バウティスタ・アグートと錦織圭はこれまでに5度対戦。錦織圭4勝、ロベルト・バウティスタ・アグート1勝と錦織圭が勝ち越しています!詳細を見ていきましょう。

2014バルセロナ・オープン ○錦織2-1バウティスタ・アグート

2015バルセロナ・オープン ○錦織2-1バウティスタ・アグート

2015マドリード・オープン ○錦織2-0バウティスタ・アグート

2016マイアミ・オープン ○錦織2-0バウティスタ・アグート

2017ウィンブルドン 錦織1-3○バウティスタ・アグート

次に、バウティスタ・アグートのプレースタイルについてです。

基本的にはベースライナーです。なかでも武器は、安定かつ強力なフォアハンド。スペイン人選手に多いトップスピンショットではなく、回転が少なめなフラット系のストロークが得意です。

幼いころサッカー選手を目指していたこともあり、足には自信があるバウティスタ・アグート。

ベースラインでのフットワークにも定評があり、その広いコートカバーリングは、守備だけでなく、回り込んで攻撃するなど彼の強いラリー戦を支えています。

また、粘り強いラリーが持ち味で、対戦相手がイライラするシーンもよく見受けられます。そんな時も乱れないメンタルをもっていることも、強さの秘訣かもしれません。



バウティスタアグートの主要大会結果

ここからはバウティスタ・アグートの主要な大会結果をみていきます。

2014.6ロスマーレン・グラスコート選手権 優勝2-6.7-6.6-4ベンヤミン・ベッカー

2014.7メルセデス・カップ優勝6-3.4-6.6-2ルカシュ・ロソル

2016.1ハイネケン・オープン優勝6-1.1-0棄権 ジャック・ソック

2016.2ソフィア・オープン優勝6-3.6-4ビクトル・トロイツキ

2017.1マハシュトラ・オープン優勝6-3.6-4ダニール・メドベデフ

2017.8ウィンストン・セーラム・オープン優勝6-4.6-4ダミル・ジュムール

2018.1ASBクラシック優勝6-1.4-6.7-5ファン・マルティン・デル・ポトロ

2018.3ドバイテニス選手権 優勝6-3.6-4リュカ・プイユ

2019.1カタール・エクソンモービル・オープン優勝6-4.3-6.6-3トマシュ・ベルディヒ

2019.1全豪オープン ベスト8 5-7.6-4.4-6.6-7ステファノス・チチパス

2019.6ウィンブルドン ベスト4 2-6.6-4.3-6.2-6ノバク・ジョコビッチ



また、2019デビスカップではスペイン代表として出場したバウティスタ・アグート。スペインを8年ぶり6度目の優勝に導きました

デビスカップの大会期間中、バウティスタ・アグートは最愛の父親を亡くしました。父親の葬儀に出席した翌日、再度チームに合流し、シングルスに出場。スペインにとって貴重な一勝をあげる活躍をしました。

ナダルは優勝直後のオンコートインタビューでこう称賛している。「僕は8勝したけど、今大会で極めて重要な人物はロベルトだと思う。彼がやってのけたことは超人的だ。何と言ったらいいかわからないよ。僕の今後の人生のお手本だ」

スペイン代表キャプテンであるセルジ・ブルゲラ(スペイン)もBBCによると「信じられない。彼は昨日父親の葬儀に参列していたことを想像してみてよ。それが今ここに居て、メンタリティ、スピリットといった自分の持てる全てをチームのために発揮したんだ」とコメントしている。

またバウティスタ アグートはEssentially Sportsによると、「もし僕が家に居たままでチームをサポートしに戻らなかったら、きっと父は怒っただろう。僕は父にお別れを言うチャンスをもらって、そして戻ってきたんだ」と語った。

出典:SPORTS BULL

ナダルやチームキャプテンがコメントしていますが、身内を亡くした後、試合に臨み勝利をもたらすというのは、どの選手にとっても大変なことです。

バウティスタ・アグートのつよいメンタルとプロ意識の高さを感じさせるエピソードですね。



バウティスタアグートの最新ラケット・ガット・シューズ・ウェア

ラケットはWilson「Pro Staff 97 Countervail」、ガットはLuxilonの「BIG BANGER ORIGINAL」を使用しています。

バウティスタ・アグートは以前は錦織圭も使用するBURNシリーズを愛用していましたが、2019シーズンからPROSTAFFシリーズを使用し始めました。

PROSTAFFは多くのプロ選手にも愛用される名ラケットで、回転がかけやすい一方コントロールが難しいという特徴があります。その点を、Luxilonのコントロール性能の高いガットを使用することで補っているといえそうです。

また、シューズはミズノ「WAVE EXCEED TOUR3 OC」、ウェアはラコステを愛用しています。



まとめ

いかがでしたか?ここまで、ロベルト・バウティスタ・アグートについてみてきました。

バウティスタ・アグートの奥さんはスペインの美人コンテストで優勝するほどの美しさであることがわかりましたね。

また、日本の錦織圭選手との対戦成績や主要な大会結果についてもご紹介してきました。

遅咲きの選手で、2019年の現在のランキングがキャリアハイ。まだまだランキングが伸びる可能性を秘めています。この勢いで2020シーズンも活躍が楽しみですね。

シェアしてくれたら嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です