テニスの基礎知識【初心者向け】

【ダブルス】リターンダッシュをすべきメリット4つ!リターンダッシュのコツについても

こんにちは。まぁちゃんです。今回はダブルスでのリターンダッシュについて考えていきたいと思います。みなさんはリターンダッシュやりますか?このページではリターンダッシュをするメリットや、リターンダッシュのコツ、相手にリターンダッシュされた時の対策についてもお伝えしていきます。



リターンダッシュのメリット4つ

リターンダッシュとは、相手のサーブをアプローチにして、リターンしたらそのままネットに詰めるテクニックのことです。

リターンダッシュをすることで、次のようなメリットがあります。

  1. 相手のサーバーにプレッシャーを与えられる
  2. リターンゲームなので、落としてもダメージが少なく、思い切り攻められる。
  3. 相手の時間を奪うことができる
  4. サービスダッシュと比較すると失敗しにくい

一つ一つみていきましょう。



相手のサーバーにプレッシャーを与えられる

リターンダッシュが上手くいくと、相手のサーバーにプレッシャーを与えることができます。

素早くネットプレーに入ることができるため、相手のサービスゲームであっても主導権を握りやすいです。

相手のサーバーとしては、「もっといいサーブを打たなければ!!」「甘いサーブだとまた攻められてしまう」と思って、無理にコースを狙ったり、力が入ってフォルトしたりすることも。

そうなれば、しめたもの。

次第にダブルフォルトが増えたり、労せずともポイントが奪える場合もあるでしょう。

甘いリターンの時に出る、セカンドサーブの時に出るというだけでも十分にサーバーにプレッシャーを与えられることができるので、試さない手はないですよ。



リターンゲームなので思い切り攻められる

リターンダッシュはリターンゲームで行います。

サービスゲームはキープしないといけないプレッシャーがありますが、リターンゲームは取られて元々。ブレイクできたらラッキーです。

リターンダッシュをしてもしなくてもどちらでもいいのですが、リターンゲームでも主導権を握ることができるという点ではチャレンジするメリットがあるかなぁと思います。

リターンゲームは落として元々。失うものはないので、思いきってトライしましょう。



相手の時間を奪うことが出来る

リターンダッシュは通常のリターンよりも前で、ベースラインの内側に入って打ちます。

なので、サーバーからしたら通常のリターンより早く返球されている感じがします。

実際、ベースラインより前で打つので、そこまで速度のないリターンであっても、体感として相手にとっては早く感じるものなのです。

サーバーとしては1stボレーに入る十分な時間が取れないため、当てるだけの返球になったり、慌てて返球してエラーとなることもあるでしょう。

相手の時間を奪うことで、自分たちが優位にたつことができるため、勝負をかけるポイントで有効に使うとよいでしょう。



サービスダッシュと比較すると失敗しにくい

サービスダッシュとリターンダッシュを比較すると、サービスダッシュの方が動きが複雑です。また、ベースライン後方からサービスラインまで移動するため、距離が長いのがわかります。

一方のリターンダッシュですが、一歩前に入りながら速いタイミングでボールを捉えていくため、ベースラインより前から動き始めて2~3歩でボレーの位置に進むことができます。

ボレーの位置に素早く入ることができるリターンダッシュは、1stボレーもスムーズに打つことが可能。サービスダッシュが苦手な方でもリターンダッシュならできる場合もあるので、是非チャレンジしてほしいと思います。



リターンダッシュのコツ

リターンダッシュのコツはいくつかありますが、最も大切なことはコンパクトなテイクバックと、コンパクトなフォロースルーだと思います。

リターンダッシュの際は、サーブに対して1歩前に入りながらベースラインの内側に入ってリターンをします。

前に入っていくということは、通常のリターンのポジションより前ですし、そのポジションで大きくテイクバックしていては打点が間に合いません。

どんなサーブがきても対応できるように、コンパクトなスイングを心がけることが一番のポイントと言えるでしょう。

 

また、リターンダッシュはリターンが終わればOKではありません。むしろそこからがはじまりです。「あくまで勝負はネットプレー」ということを頭に入れてリターンを打つことが大切です。

リターンダッシュをしようとして、リターンミスをするのは一番やりたくない失敗です。リターンダッシュに速いリターン、きわどいコースは必要ありません。

リターンは深くなくてもいい、スライスでもいい。前衛に取られることを恐れすぎずに、確実にコートに入れる。そして前に出るということが大切です。

 

また、あくまで勝負はネットプレーということで、リターンの後の動きが重要になっていきます。

リターンダッシュの後、相手が返球する際には必ず止まる。これが出来ないとロブへの対応や予想外の配球に対応することが難しくなります。

相手が打つときは必ずスプリットステップを踏むということを意識するとよいでしょう。



まとめ

「【ダブルス】リターンダッシュをすべきメリット4つ!リターンダッシュのコツについても」ということで、お届けしてきました。

いかがでしたか?

リターンダッシュをすべきメリット4つは

  1. 相手のサーバーにプレッシャーを与えられる
  2. リターンゲームなので、落としてもダメージが少なく、思い切り攻められる。
  3. 相手の時間を奪うことができる
  4. サービスダッシュと比較すると失敗しにくい

という4点でした。

 

また、リターンダッシュのコツとしては、

  1. コンパクトなテイクバック・コンパクトなフォロースルー
  2. 一歩踏み込んで、ベースラインの内側で打つ
  3. 速さや深さ、きわどいコースは不要。まずはしっかり相手の後衛に打たせることだけを考えて、確実に前に出る
  4. 相手が打つときには必ず止まる。

でした。

 

あくまで勝負はネットプレーです。

ネットプレーが苦手な人はリターンダッシュについて苦手意識がある方もおおいかもしれませんが、前述した通りサービスダッシュと比べると取り入れやすい部分も多いです。

リターンゲームは取られて元々。このページでご紹介したメリットやコツを意識しながら、是非気負わず、チャレンジャーの気持ちで挑戦してほしいなぁと思います。

 

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

シェアしてくれたら嬉しいです!
instagram、twitterのフォローお願いします。

ブログの更新情報をinstagram、Twitterで配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。