テニス上達法

上達の近道は初心にあり。勝ちたければ基本を大事にすべき!という話【テニス上達法】

こんにちは、まぁちゃんです。ダブルスゲームクラスのレッスンをしていると、基本がおろそかになっている人が多いなぁと感じます。テクニックや戦術ももちろん大事だとは思いますが、それは基礎があってのこと。今回は、試合に勝ちたければ「やっぱり基本が大切よね」という話をしていきたいと思います。



テニスがうまくなりたければ、基本を大事にすること

では「基本を大事にする」とはどういうことなのか?

テニスをはじめた初心者のころや、少し慣れてきた初級のころにアドバイスされた内容を思い出してみてください。

例えば…

  1. 「テイクバックを早く」「準備を早く」
  2. 「打ったらすぐ構える」「打ったらすぐ次の準備をする」

というような感じのことを言われませんでしたか?

 

きっとほとんどの方が言われてきたことだと思います。

 

基本中の基本。基本の「キ」ともいうべきアドバイスです。

 

さて、この基本中の基本のアドバイス、初心者や初級の人だけが意識すればいいと思いますか?

答えはNOです。

 

初心者や初級はもちろん、中級や上級の方であっても意識する必要があるアドバイスです。

 

しかしながら、常に意識している人はほとんどいない。

 

ここに気づくか気づかないかで上達のスピードは大きく変わります。



勝ちたいなら「素早い準備」を身に着けよう

ある程度テニスができるようになってくると、少しずつテクニックショットや戦術を覚えていくと思います。

それは、スライスショットだったり、ドライブボレーだったり、ジャンピングスマッシュだったり。

あるいは、シングルスやダブルスの戦い方だったり、いろいろありますね。

 

もちろん、これらのショットを打つためには、ボールがラケットに当たるインパクトで正しいラケットの使い方ができるということが大前提です。

戦術についても、ポイントパターンに持ち込むためにはコントロールが必須となります。

 

試合に勝つためにはショットのバリエーションは多い方がいいですし、戦術の引き出しも多い方がいいでしょう。

しかし、いずれもミスショットが多ければ、武器として(戦術として)使い物にはなりません。

 

 

テクニックショットに限らず、普通のフォアハンドストロークやバックハンドストロークでもそうですが、いまいちミスショットが多い時。みなさんはどこを直そうと考えますか?



実は多くの人が、テイクバックからフォロースルーまでのどこかに問題があるのでは?と考えてスイングの素振りをして確認をします。

 

でも、実はスイング自体には問題はない場合も多いのです。

インパクトやスイングに固執し過ぎて、なかなか本当の原因を解決できていない人、少なくありません。

 

「ミスショット」という結果は、インパクトを迎えるまでたどったすべての行動の結果です。

それは、テイクバックからフォロースルーまでのスイングだけに限りません。

 

ボールの打ちやすい場所へ素早く移動することが大事ですし、いち早くテイクバックを完了させることも大切です。

そして、ボディバランスがベストな状態でスイングが始まることで、ようやくベストショットへとつながっていきます。

 

スイングは悪くないのにミスショットにつながる原因は、スイングが始まる前の準備に問題があることが多いということです。

ミスショットの原因はスイングの中だけにはないことを覚えておきましょう。


勝ちたいなら、打ったらすぐ構えて次に備えよう

みなさんは自分がボールを打った後、何をしていますか?

自分が打った打球を目で追っているのではないでしょうか?

もちろん、打ったボールを見ることも大事です。

アウトしたかな?どこに落ちたかな?

気になるのも当たり前ですよね。

 

ただ、

自分が打ったボールを「IN」「OUT」判定するのは相手です。

打ち終わったボールをいつまでも見ていても、そのボールの結果を変えることは出来ません(超能力でも使わない限り…w)

 

それだけでなく、打ち終わったショットにいつまでもとらわれていては、次の準備が遅れてしまいます。(準備の大切さは前述の通り)

 

では、今「自分の打球を眺めている時間」を、試合に勝つためにつかうとしたら何ができるでしょうか?



たとえば、

  1. 急いでホームポジションに戻る(リカバリー)
  2. 相手を分析する(バランスを崩しながら返球しようとしている?/打ち込もうとしている?/ボレーに出てくる?)
  3. 次打たれるコースや球種などを予測する(フォアで打つ?/バックで打つ?/スライス?/ロブ?)

ということが挙げられます。

 

これらは、ある程度のレベルにある方にとっては、当たり前にできていることだと思います。

ですが、この3点により長い時間を充てるとしたら、皆さんは最善を尽くせていますか?

 

勝つために「より良いプレー」、「質の高いプレー」を目指すなら、「打球を必要以上に見ている時間」をなるべく短くすべきです。

そして、次のボールに全力で準備をしましょう。

 

 

ラリーの練習で、生徒さんの後ろに立ち、打った直後に「すぐ構えて~」「(ホームポジションに)戻るよ」「次の準備して~」とアドバイスを送ると、皆さん口々にこう言われます。

 

自分で自覚していた以上に、ボーっとボールを目で追っていたんですね。
こんなにすぐに構えるんですね!今までのんびりしてたんだなと感じました
コーチに言われたとおりにすぐに構えるようにしたら、次のボールに早く入れるようになりました

 

自分の打ったボールはホームポジションに戻りながら少し見る程度にして、相手の分析や次のボールへの準備に時間を割きましょう。

一球一打に対して、これを繰り返していけば、自ずと皆さん自身のレベルが高くなること間違いありません。


まとめ

いかがでしたか?

ここまで「上達の近道は初心にあり。勝ちたければ基本を大事にすべき!という話【テニス上達法】」ということでお届けしてきました。

まとめると

  • テニスの上達には基本が大切
  • 具体的には「素早い準備」、「打ったらすぐ構えて、次に備えること」を身に着けよう。
  • 「素早い準備」とは、ボールの打ちやすいところにいち早く動き、テイクバックを素早く行うこと。
  • 「素早く準備」することで、ボディバランスが整った状態でスイングすることが出来、結果的にミスショットは格段に減らすことができる。
  • 「打ったらすぐ構えて、次に備える」とは、打ち終わったボールをいつまでも眺めていないで、その時間を次のショットのために使おうということ。
  • 「ただ打球を眺めているだけ」の時間を削ることで、素早いリカバリー、相手の分析、返球の予測に十分な時間をつくることができる。
  • 一球一球に対してこれを繰り返すことで、現状どのレベルにある人も一段階レベルアップすることが可能。

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

1日1クリック応援お願いします。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアしてくれたら嬉しいです!
instagram、twitterのフォローお願いします。

ブログの更新情報をinstagram、Twitterで配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です