プロテニス選手

全仏2冠の女王が美人!バルボラ・クレイチコバのwiki的プロフィールと過去の戦績、使用ラケットやかわいいインスタについても

2021年の全仏オープンが終了しました。女子シングルスと女子ダブルス2冠の女王に輝いたのはチェコ出身の25歳、バルボラ・クレイチコバ選手。このページでは新女王バルボラ・クレイチコバ選手についてwiki的プロフィールや過去の戦績、使用ラケットやインスタグラムについて詳細にお届けしていきます。



全仏2冠の女王が美人!クレイチコバwiki的プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbora Krejčíková(@bkrejcikova)がシェアした投稿

名前 バルボラ・クレイチコバ
国籍(出身地) チェコ(ブルノ)
生年月日 1995年12月18日(25歳)
身長体重 178cm・62kg
利き手(バックハンド) 右利き(バックハンドは両手打ち)

バルボラ・クレイチコバ選手はチェコ出身の現在25歳です。

6歳からテニスを始め、まだジュニア選手だった2013年に全仏ジュニア・ウィンブルドンジュニア・全米ジュニアで女子ダブルス優勝しています。(パートナーはK・シニアコバ選手)

クレイチコバ選手は、チェコテニス界のレジェンド、故ヤナ・ノボトナさん(98年ウィンブルドン女王)のもとで腕を磨いてきました。

ツアーデビューは2011年。2014年にプロ転向しています。

シングルスはあまり得意ではないクレイチコバ選手。グランドスラムでのシングルスの最高成績は全仏オープンでの4回戦進出が一度のみ。

そのほかシングルスではWTA250で優勝が一度、インターナショナル大会で準優勝が一度ありますが、ほかに目立った戦績はありません。

なにより、2021年の全仏でグランドスラムシングルス出場がたったの5回目だというから驚きます。

シングルスを苦手としてきたクレイチコバ選手が、5度目のグランドスラム挑戦でチャンピオンに輝くなんてだれが予想していたでしょうか?

 

一方のダブルスでは、クレイチコバ選手はこれまで才能をいかんなく発揮してきました。

女子ダブルスでも混合ダブルスでもそれぞれ3回ずつ、計6回もグランドスラムでダブルスチャンピオンに輝いています。

世界ランキングの自己最高位はシングルス15位(2021年6月14日)、ダブルス1位(2018年10月22日)となっています。



バルボラ・クレイチコバの過去の戦績

ここからは、クレイチコバ選手の過去の戦績についてみていきます。

女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの順に羅列してあります。

太字はグランドスラムでの戦績、赤字は優勝大会です。

では、ごらんください。

女子シングルス

2017年

ニュルンベルク・カップ 準優勝

2018年

全仏オープン 1回戦敗退

2020年

全豪オープン 2回戦敗退

プラハ・オープン 2回戦敗退

全仏オープン 4回戦敗退

オストラバ・オープン 2回戦敗退

リンツオープン ベスト4

2021年

アブダビ・オープン 2回戦敗退

グランピアンズ・トロフィ ベスト8

全豪オープン 2回戦敗退

ドバイ・デューティーフリーテニス選手権 準優勝

マイアミ・オープン 2回戦敗退

イスタンブール選手権 2回戦敗退

マドリード・オープン 1回戦敗退

BNLイタリア国際 3回戦敗退

ストラスブール国際 優勝

全仏オープン 優勝

 

※太字→グランドスラム/赤字→優勝



女子ダブルス

2014年

BGLルクセンブルク・オープン 準優勝(ペア:ルーシー・ハラデツカ)

2015年

クープ・バンク・ナショナル 優勝(ペア:アン=ソフィー・メスタフ)

2016年

サンクトペテルブルク・レディース・トロフィ 準優勝(ペア:ベラ・ドゥシェビナ)

全仏オープン ベスト4(ペア:K・シニアコバ)

2017年

スウェーデン・オープン 準優勝(ペア:マリア・イリゴエン)

2018年

深圳オープン 準優勝(ペア:K・シニアコバ)

マイアミ・オープン 準優勝(ペア:K・シニアコバ)

全仏オープン 優勝(ペア:K・シニアコバ)

ウィンブルドン 優勝(ペア:K・シニアコバ)

全米オープン ベスト4(ペア:K・シニアコバ)

WTAファイナルズ 準優勝(ペア:K・シニアコバ)

2019年

ロジャーズ・カップ 優勝(ペア:K・シニアコバ)

BNPパリバ・オープン 準優勝(ペア:K・シニアコバ)

リンツオープン 優勝(ペア:K・シニアコバ)

2020年

深圳オープン 優勝(ペア:K・シニアコバ)

全豪オープン ベスト4(ペア:K・シニアコバ)

ドバイ・デューティーフリーテニス選手権 準優勝(ペア:ジェン・サイサイ)

カタール・トータル・オープン ベスト4(ペア:K・シニアコバ)

プラハ・オープン ベスト4(ペア:k・シニアコバ)

全仏オープン ベスト4(ペア:K・シニアコバ)

オストラバ・オープン ベスト4(ペア:K・シニアコバ)

2021年

アブダビ・オープン ベスト8(ペア:シェ・シュウェイ)

ギプスランド・トロフィ 優勝(ペア:K・シニアコバ)

全豪オープン 準優勝(ペア:K・シニアコバ)

カタール・トータル・オープン ベスト4(ペア:K・シニアコバ)

ドバイ・デューティーフリーテニス選手権 ベスト4(ペア:K・シニアコバ)

マイアミ・オープン 2回戦敗退(ペア:K・シニアコバ)

マドリード・オープン 優勝(ペア:K・シニアコバ)

BNLイタリア国際 ベスト8(ペア:K・シニアコバ)

全仏オープン 優勝(ペア:K・シニアコバ)

 

太字→グランドスラム赤字優勝

混合ダブルス

グランドスラム最高成績

全豪オープン 優勝(2019~2021)

全仏オープン ベスト8(2021)

ウィンブルドン 3回戦進出(2016)

全米オープン ベスト8(2016)

 



バルボラ・クレイチコバの使用ラケット・ウェア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbora Krejčíková(@bkrejcikova)がシェアした投稿

クレイチコバ選手はウェア・ラケットともHEADを愛用しています。

ビビットなイエローが印象的なラケットはコチラ!

HEADのエクストリームです。

画像をクリック

 

その他、クレイチコバ選手愛用サンバイザー、レディースシューズはコチラから。画像をクリックすると商品ページに飛ぶことができます。



バルボラ・クレイチコバのかわいいインスタ画像

クレイチコバ選手のインスタグラムは基本的にはテニスの投稿が多いのですが、オフショットもたまにあります。

コート上では険しい表情ですが、一歩コートを離れるとキュートな笑顔が大変かわいいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbora Krejčíková(@bkrejcikova)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbora Krejčíková(@bkrejcikova)がシェアした投稿



まとめ

いかがでしたか?

ここまで「全仏2冠の女王が美人!バルボラ・クレイチコバのwiki的プロフィールと過去の戦績、使用ラケットやかわいいインスタについても」ということでお届けしてきました。

バルボラ・クレイチコバ選手についてまとめると、

  • チェコ出身で1995年12月18日生まれの25歳。
  • 身長178cm、体重62kg。右利きでバックハンドは両手打ち
  • 6歳からテニスをはじめ、レジェンドであるヤナ・ノボトナさんに師事。
  • ツアーデビューは2011年、プロ転向は2014年。
  • 2013年には、全仏ジュニア、ウィンブルドンジュニア、全米ジュニアで3つのダブルスタイトルを獲得
  • シングルスよりもダブルスが得意で、女子ダブルスで3度、混合ダブルスで3度、計6度グランドスラムダブルスチャンピオンに輝く
  • 使用ラケットは、HEADのエクストリーム。アパレル・シューズもHEADを愛用している。

ということがわかりました。

このページは以上になります。

さいごまでお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

1日1クリック応援お願いします。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアしてくれたら嬉しいです!
instagram、twitterのフォローお願いします。

ブログの更新情報をinstagram、Twitterで配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です