初心者向け

初心者がラリーを安定させるための4つのコツ【社会人テニス上達法】

テニスの醍醐味と言えば、ラリーを続けることですよね。ラリーが続くととても気持ちいいですし、楽しい気持ちになります。一方で、ラリーを続けることは初心者にとって最初にぶつかる壁とも言えます。今回は「なかなかラリーが続かない」とお悩みの方のために、ラリーを続けるコツについて考えていきたいと思います。



ラリーが続かない人がやりがちな悪い癖

まずは、なぜラリーが続かないのかという点から考えていきましょう。実はラリーが続かない人がやりがちな悪い癖があるのです。詳しく見ていきましょう。

必ずちゃんとしたフォームで打たなければいけないと思い込んでいる

球出しで練習するときとおなじように、毎回同じフォームで打たないといけないと思っていませんか?

正しいフォームを覚えることは大切ですが、だからといって正しいフォームで毎回打たなければいけないわけではありません。

ラリーというのは球出しと違って、どこにどんなボールが飛んでくるかわかりません。どこに来るかわからないボールに対して、走って追いかけていって、ボールを打ち返す。この繰り返しがラリーを続けるということになります。

もしかしたら、正しいフォームで打てる機会の方がすくないかもしれません。

球出しと違って、「いつも同じフォームで打つことはできなくて良い」ということを知りましょう。



ラリー練習で相手に打ち勝とうとしてしまう

ラリーの中で相手に勝ちたいと思ったり、相手からエースをとろうとしたり、相手より早いボールを打とうとしていませんか?

例えば、コーチや圧倒的に相手の方が上手い場合にはそれでもいいかもしれません。いくら強打をしても、相手は返してくれるでしょう。

ですが、同じレベルの人同士でラリーを続ける場合は、「ラリーで相手に勝ちたい」とか「相手からエースをとりたい」とか考えていては、なかなかラリーは続きません。

逆の立場で考えてみましょう。ラリーの相手が、強いボールを打ち続けてきたり、エースを狙ってきたらどうでしょうか?安定して返球するのは難しいですよね。

ラリー練習は試合ではありません。相手に打ちやすいボールを返すことが大切です。

お互いに「続ける」という意識が必要だということを知りましょう。



初心者がラリーを続ける4つのコツ

では、初心者がラリーを続けるにはどうしたらいいのでしょうか。

先ほど、初心者の方がラリーの時にいつも正しいフォームで打とうとし過ぎるのは間違いだとお伝えしました。つまり裏を返せば、ラリーがはじまってしまえばフォームなど関係ないということです。(極論ですが…)

もちろん球出しの練習のように、正しいフォームを知ることは大事なことです。正しいフォームで打てる時は打った方がいいでしょう。

でも、何度も言っていますが、球出しのボールとラリーのボールは全くの別物。

球出しはボールの来る場所が決まっているし、飛んでくるボールもいつも一定。特に頭をつかわずとも、打ち返すことができます。フォームを確認する余裕があり、球出しは打って終わりの一方通行です。

それと比べて、ラリー練習はどうでしょう。

ボールはどこに飛んで来るかわからない。ボールの回転も一定ではなく、どんな軌道でとんでくるかわからない。頭をフル回転させて、ボールの軌道から落下点を予測して、スピードを予測して飛んでくるボールにあわせて足を運びスイングする必要があります。

そしてラリーは自分が打ったボールをさらに相手が打ち返してきます。相手が同じレベルであれば、相手にとって打ちやすいボールを打ち返せなければ、なかなか続きません。



 

ではどうしたらいいのか。下の□にまとめました。

<ミスを減らし、相手にとって打ちやすいボールをうつために意識すること>

  1. とにかく準備をはやく
  2. バウンドの頂点ではなく、落ちてきたところを打つ
  3. ボールをしっかりラケットに当てる
  4. ネットの高いところを通す

それでは一つ一つ見ていきましょう。

とにかく準備をはやく

初心者がラリーを続けるためには、なによりも早い準備が大切です。というのも、ラリーが続かない人は準備が遅いので、ボールが飛んで来てから慌ててしまう傾向があります。

 

では、早い準備というのはどのくらい早いといいのでしょうか。

 

それは、相手の打ったボールが「自分のコートにバウンド」するときまでに、フォアで打つのか、バックで打つのかを決めて、準備(テイクバック)をするということです。

ラリーにおいてボールが自分のところに飛んでくることは99%ありません。試合に関していえば、相手は人がいないところを狙ってくることがおおいので、必ずボールに自分の足で近づく必要があります。

ボールに足を運んでからテイクバックをしようとすると、準備が遅くなります。テイクバックしながらボールの後ろに動くようにすることが大切です。

いずれにしても「バウンドするのと同時にテイクバックをするのでは遅すぎる」ので、そのようなリズムになっている皆さんは早い準備を心がけましょう。

 

バウンドの頂点ではなく、落ちてきたところを打つ

自分のコートにバウンドしてからボールが頂点に達するまでは、相手の打ったパワーがボールに伝わっているので、非常にボールに勢いがあります。勢いのあるボールは、正しい打点で打てないと力負けしてしまうので、打点が一定にできない初心者プレーヤーには打ち返すのが難しい。

ではどうしたらいいのでしょうか。

初心者プレーヤーがラリーを続けるには、「ボールが頂点から落ちてきたところを打つ」ようにしましょう。

バウンド後、頂点を過ぎたボールは勢いが衰えます。その分、初心者にとっては打ちやすいボールになります。

もちろん、相手が伸びのあるボールを打つような上級の人では初心者は太刀打ちできないかもしれません。ですが、同じレベルの人とのラリーでは。「ボールが落下してきてから打つ」ということを意識するだけで打ち返せる確率が高くなるでしょう。

 

ボールをしっかりラケットに当てる

当たり前のことですが、意外とできていないことがあります。

それはボールをしっかりラケットに当てるということです。

初心者がやりがちなことは、ボールを打った先が気になってしまって、目線が相手のコートに行ってしまい、フレームショットになってしまったり、スイートスポットから外れてボールが飛ばなかったりします。

ボールが飛ばないと相手は前に走らなければならないので、なんとか返球してくれたとしても打ちやすいボールは飛んできません。すると、次に自分が打つときに難しいボールを打ち返さなくてはいけなくなります。

最初に「お互いが続けるんだという意識を持つことが大切」というお話をしましたよね。

お互いに相手に打ちやすいボールを打つためには、まずはきちんとボールをラケットに当てる。それができれば、ラケットを振り切らなくても、(極論ですが当てるだけでも)ラリーは続けることが可能です。

ラリーの時は、「振り切ることよりも、ラケットにボールをしっかりあてることが大事」ということを知ってくださいね。

 

山なりのボールでネットの高いところを通す

みなさんはラリーの際、ネットのどのあたりを通して返球していますか?

 

ネットすれすれですか?1メートルくらい上ですか?2メートル以上上でしょうか?

 

テニスをはじめたばかりの初心者の方は、ボールはネットすれすれを通して打ち合うものと勘違いしていることが非常に多いです。テレビで放送しているプロの試合を見ていると、直線的なボールを打ち合っているように見えるので、勘違いするのは当然と言えば当然かもしれません。

ネットすれすれで打ち合っても技術が伴えばラリーが続きますが、初心者同士がネットすれすれを狙ってラリーをすると、ボールがネットに引っかかりエラーするリスクが高くなります。

 

では、逆にネットの2メートル以上高いところを通すとどうなるでしょうか。

 

ネットの高いところを通すことでネットのリスクは限りなくゼロになります。しかし、一方でアウトのリスクが高まるかもしれません。

確かに、直線的なボールでネットの高いところを通すとアウトしてしまいますが、ネットの真上に頂点をもってくるように山なりを描ければ、アウトせずにきちんとコートの中に返球することができます。

初心者同士でラリーを続けるには、「山なりのボールでネットの高いところを通す」ことを意識しましょう。

 



 

ラリーを続けるためのオススメ練習法

ここまで、ラリーを続ける4つのコツについてみてきました。

このコツをつかっても、すぐにラリーを続けるのは難しいかもしれませんが、これからご紹介する練習方法で練習することで、ラリーの感覚を磨くことができます。

それは、決して特別な練習方法ではありません。

だれでも取り入れることができる簡単な方法です。

 

ラリーの感覚をつかむ練習方法。

それは、短い距離のラリー練習からはじめるということです。

 

初心者同士の場合は、最初から長い距離でラリーを続けるのは非常に難易度が高いです。なぜなら、ボールを飛ばそうと無理をすることにより、あっちこっちにボールが飛んで行ってしまうから。

だから、無理して飛ばさなくてもいいように、短い距離でラリーの練習をはじめるのです。

そして、短い距離でつながるようになったら、少しずつ距離を伸ばしていきましょう。この方法で、あなたもラリーが上手になること間違いありません。ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は初心者の方向けに、ラリーが続かない理由と、続けるための4つのコツ、そしてラリーを続けるために有効な練習について考えてきました。

初心者の人がぶつかる最初の壁とも言えるラリーですが、コツさえつかめれば決して難しいものではありません。

「準備を早く」「頂点から少し下がったところを」「ボールをしっかりラケットにあてて打ち」「ネットの高いところを通して返球する」ということを意識して練習することが大切です。

そして、ラリーができるようになれば、試合やゲームを楽しむこともできるようになりますよね。この記事で、初心者のみなさんがラリーやゲームを楽しむことが出来るようになったらうれしいです。

 

今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

新型コロナウィルスの脅威が一日も早く収まりますように。

 

ブログランキング始めました。

1日、1クリック!応援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 テニスブログへ
シェアしてくれたら嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です