テニス・その他

【ファイテン(phiten)】ネックレスを使用した感想。ファイテン契約アスリートやファイテンの科学的根拠、プラセボ効果についても

管理人はファイテンのRAKUWAネックレスを15年以上愛用しています。ほかにもさまざまな種類のファイテン商品を使用してきましたが、その使用感と愛用する理由、また、管理人と同じようにファイテンを愛用するトップアスリートにはどんな顔ぶれがあるのかといったことをこのページではお届けしていきたいと思います。

ファイテンネックレスは肩こりに効果はあるの?

新型コロナウィルスの流行と共に生活が一変してしまった昨今。リモートワークなどで肩こりに悩む方も多くなっているそうです。読者のみなさんは大丈夫でしょうか?

このページをご覧のみなさんは、肩こりに悩んで検索してこのページにたどり着いた方もいると思います。

肩こりは頭痛の原因にもなるし、つらいですよね。管理人も子供が小さい時は抱っこ抱っこで肩こりがひどかったので、とてもよくわかります。

最近はつらかった肩こりもだいぶ解消されてきました。

一つは子供の成長と共に抱っこが減ったこと。(少し寂しい…)

もう一つはファイテンの磁気ネックレスを着用するようになったからではないかと思っています。

私が愛用しているのはこちらになります。

↑画像クリックで商品ページへ

本当は羽生選手が使用しているモデルが欲しかったのですが、高額なのでまずは、と思ってこちらの商品を購入。

私には効果が抜群でした。

着けはじめは「あれ?最近肩こってない?」くらいな感じでしたが、付け忘れた時にすぐわかりました。

「今日めっちゃ肩こったなぁ~」と思ったら付け忘れていたんです。「あ、やっぱりこれ効いてたんだな」と実感。

それ以降手放せません。肩こりに悩んでいるひとは、2000円程度で購入できますので、騙されたと思って是非一度試してほしいなぁと思います。

amazon商品ページはこちら

そもそもファイテンって?

ファイテンネックレスは知っているけど、いったいファイテンってどんな会社なの?とよく知らない方も多いかと思いますので、ご紹介します。

 

ファイテン株式会社の創業は1983年(昭和58年)。

「すべては健康を支えるために」というポリシーのもと、さまざまなボディケア商品をつくっている会社です。

代表は平田好宏さん。従業員は690名(2021年3月時点)です。

代表的なものとしては、パワーテープやネックレスやブレスレットなどスポーツ関連商品がありますが、そのほか独自技術を用いた枕やマスク、口紅や敷きパッドなどにも力を入れています。

 

ファイテンネックレスのいい口コミ

ファイテンの商品のなかでも人気となっているネックレス(RAKUWAネックレス・磁気ネックレス)の口コミを見ていきたいと思います。

RAKUWAネック チョッパーモデル

2年半使用しています。男性です。
購入当時は20台半ばでしたが、仕事が非常に肩がこるので購入しました。

プラセボかわかりませんが、着用している日は肩がこりません。着用を忘れるとこります。
半信半疑でしたが、2年半も経つとあながち嘘ではないのかなと思えます。

着用したままお風呂も入ります。
ボディーソープで体と一緒に洗っていますが、変色はありません。
特にほつれや、ジョイントの緩みもありません。

V字のネックレスなので、小顔に見える効果もないかなと期待しています。

とりあえず意味は成していそうなので、これからも着用したいと思います。

出典:amazon

 

ファイテンのネック50倍を使用していたのですが、失くしたので新たに100倍のネックに挑戦し、このネックを購入しました。
着けた瞬間に顔が熱くなり、数時間で歩いていても身体全体が軽くなりフワフワ。
その後、失くしてたのが見つかり、夫に試しに100倍のネックを着けさせたところ気に入られ返して貰えませんでした。
娘が肩凝りなので、同じものを又、頼もうと思っています。

出典:amazon

 

個人差があると思いますが効果はあるかと思います。
肩こりがとてもひどく、そのためにX50と磁気ネックなど使っておりましたが
少し楽になったため期待を込めてX100を購入しました。
個人差はあると思いますが、私には効果があったのでよりよくなるよう期待してます。

出典:amazon

ファイテンネックレスの悪い口コミ

続いて悪い口コミを見ていきます。

すすめられて購入しました。
肩こりがあったのでそれ用に試しました。
以前の肩こりよりはマシになったのかな?とか思ったりしますがプラシーボのような気もします。
完全に肩こりが治ったら効果が実感できるのですが。
一応毎日付けてますが一度外して生活してみようと思います。

出典:amazon

 

特に効果なし、上司と主人も同じ感想。磁気ネックレスのなかではスタイリッシュ。

出典:amazon

 

職場の人が『肩凝りが無くなった』と騒いでいたので、肩凝りのある私にも効いて欲しい一心で購入しましたが、全く効果なし(  ̄▽ ̄)人それぞれですねっ( ̄^ ̄)

出典:amazon

 

ファイテン商品を使っているアスリート・有名人

ファイテンと直接契約を結び、公認されているアスリート・タレントなど有名人は以下の通りです。(phiten公式ページより)

  • 羽生結弦(フィギュアスケート)
  • 金本知憲(野球)
  • 糸井嘉男(野球)
  • 丸佳浩(野球)
  • 山田哲人(野球)
  • 大瀬良大地(野球)
  • 角中勝也(野球)
  • 松島輝空(卓球)
  • 早田ひな(卓球)
  • 藤田光里(ゴルフ)
  • マーメイドジャパン(スイミング)
  • 岸谷香(歌手)
  • 西谷綾子(タレント)

 

上記の他にも、過去に契約していたアスリートでは次のような方もいました。

松坂大輔(野球)、松山英樹(ゴルフ)、ダルビッシュ有(野球)、馬場ゆかり(ゴルフ)、藤浪晋太郎(野球)、片岡易之(野球)、今江敏晃(野球)、由規(野球)、中村憲剛(サッカー)、新庄剛志(野球)、阿部慎之助(野球)、片山晋呉(ゴルフ)、ランディ・ジョンソン(野球)、ポーラ・ラドクリフ(マラソン)、高橋尚子(マラソン)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ファイテン

管理人がファイテンを使い始めたきっかけ

遡ること15年以上前のこと。

母から勧められたのがきっかけでした。

 

それまではファイテンについては正直何も知らなかったです。

最初はファイテンを使ってみても、あまり良さがわかりませんでした。

何が作用しているのかはわからなかったけれど、同じ高校の他の部活の子も付けている子も多く、なんだかよさそうだということで、継続することにしました。

 

結果、その年に高校生活ではじめて県でシングルス準優勝をし、ダブルスで優勝。シングルスでインターハイ出場することができました。

 

もちろん、そのために沢山沢山練習をしたし、RAKUWAネックレスをつけたから戦績が良かったという因果関係を証明することはできません。

ですが、いま思えばリラックスして実力を発揮するという点では一役かっていたのではないか?と考えています。

以降、つけていない時期もありましたが、少し調子が悪い時にはファイテンを着用するようになりました。

 

日常的にはファイテンネックレスや磁気ネックレス、ブレスレットやアンクレット。

怪我した時や予防として、ファイテンパワーテープやサポーター、ローションと言った具合に、使い分けをしながらさまざまなアイテムを使用しています。

 

愛用歴15年以上。

あくまで個人的な感想にはなりますが、まぁちゃんには効果があるのでこれからも継続して使用していきたいと思っています。

ファイテンはプラセボ効果?

これは、よく議論に上がる疑問ですね。

数千円で手に入るものですが、実際に購入して使用を検討する上で、科学的根拠はどうなっているのだろう?と疑問を感じるのは当然のこと。

 

調べてみたところ、ファイテンとプラセボ効果については、民間の研究機関で研究が進められているようです。

研究しているのは、京都府立医科大学の吉川教授が中心となっているアクアメタル研究会

2012年に「Physiology & Behavior」という科学雑誌で発表された報告によると、チタンを使った環境とそうでない環境では、チタンで処理された部屋で仕事をしたときの方がストレスは軽減したと結論づけています。

この論文で、緊張や怒り、感情的なストレスといった項目でストレスの減少が認められたとなっているのです。つまり、チタンにストレス軽減の作用があることは証明された、ということ。

ですが、なぜチタンにストレス減少作用があるのかということまではわかっていませんし、これ以上のことは科学的には解明されていないというのが実際のところです。

 

一方で、前述した通りRAKUWAネックレスに代表されるファイテンの製品は数多くのアスリートが愛用しています。

科学的根拠は解明されていないものの、科学的実験結果、論文、アスリートの使用実績からアクアチタンはプラセボではなく、実際に効果があると判断できるのではないでしょうか?

トップアスリートやコーチがファイテンを愛用する理由

実は私だけでなく、同じ職場ではたらく他のコーチでもファイテンネックレスを愛用しているコーチが少なくありません。

では、何故科学的根拠が乏しいのに、前述したスポーツ選手やスポーツを職業とするコーチたちがファイテンを身に着けるのか…。

これはあくまで持論ではありますが、科学的な根拠がなくても、身に着けて身体の調子が良いから身に着けるし、調子があがらなければ身に着けないという単純な話なのではないかと思うのです。

スポーツ選手やコーチは身体が資本。

身体の感覚を非常に大事にするので、科学で証明できなくても、良いものは良いと判断しているということではないでしょうか。

つまり、科学的根拠という部分ではこれから解明されていくとは思いますが、スポーツ選手やコーチの多くがファイテンを選び、身に着けているということこそ効果の裏付けともいえるのではないでしょうか。

現にフィギュアスケートの羽生結弦選手はファイテンをつけることが当たり前になっていて、つけないと演技にまで影響してしまうといいます。

前述した通り、チタンにはリラックス効果があることは既に検証されています。

羽生選手のしなやかな動きや、大舞台で実力をいかんなく発揮するそのメンタルにもファイテンが少なからず助けになっているのではないかと考えます。

まとめ

「ファイテン(phiten)ネックレスを使用した感想。ファイテン契約アスリートやファイテンの科学的根拠、プラセボ効果についても<口コミ・レビュー>」ということでお届けしてきました。

いかがでしたか?

まとめとしては

  • 管理人は高校時代から15年以上愛用している。まぁちゃん的には効果があるので、今後も継続して身に着けていきたいと考えている。
  • 磁気チタンネックレスは「管理医療機器」。正しく使用することで肩こりの改善に役立つ。
  • ファイテンネックレスにはいい口コミも悪い口コミもある。実際科学的にはまだ証明されていない部分も多い。
  • しかしながら、身体の感覚にシビアなトップアスリートに選ばれているのも事実。そのことが、なによりも効果の裏付けではないか。
  • 安価な製品もあるため、まずは自身で試してみてほしい。

となります。

 

このページは以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログランキングに参加しています。

1日1クリック応援お願いします。

シェアしてくれたら嬉しいです!
instagram、twitterのフォローお願いします。

ブログの更新情報をinstagram、Twitterで配信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です