車いすテニス・選手

【2020東京パラ】車いすテニス競技の注目選手は?【2020東京オリンピック・パラリンピック】

2020年になり、東京オリンピック・パラリンピックもいよいよカウントダウンがはじまってきましたね。どのスポーツを観戦するにも、注目選手や基本的なルールがわからないと、おもしろさも半減してしまいます。今ページでは金メダルの可能性も大いにある、車いすテニスについて、男子・女子注目選手、イケメン・美人選手などまとめていきたいと思います。

 



2020東京パラリンピックで男子の注目の選手は?

車いすテニスと言えば、この人!国枝慎吾選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shingo Kunieda(@shingokunieda)がシェアした投稿

やはり最初はこの人!

日本の車いすテニス界のレジェンド、世界ランキング1位の国枝慎吾選手です。

これまでにパラリンピックでもシングルスで2度金メダルを獲得。ダブルスでの金メダルを合わせると、合計3個の金メダルを獲得しています。

2019年はグランドスラムのタイトルはありませんが、2020年初のグランドスラムである全豪オープンでも優勝を飾っていますし、調子を上げてきている印象です。

金メダルの前に立ちふさがる強敵は沢山いますが、東京オリンピックでも金メダル最有力候補であることは間違いありませんね!



アルゼンチンの元気印、グスタボ・フェルナンデス選手

続いては、グスタボ・フェルナンデス選手です。

グスタボ・フェルナンデス出典:ITF公式

フェルナンデス選手は、現在世界ランキング2位。

国枝選手のダブルスのパートナーですが、「国枝は僕のアイドル」と公言するほど、国枝選手のファンでもあります。

2019年はフェルナンデス選手にとって飛躍の1年となりました。全豪・全仏・ウィンブルドンと3連勝し、年間チャンピオンになったのです。

国枝選手との対戦成績はまだまだ国枝選手が勝ち越していますが、近年フェルナンデス選手が勝つことも増えてきました。国枝選手にとって、金メダル争いのライバルの筆頭といえそうです。

南米特有のクレーコートで育ったフェルナンデス選手、ガッツあふれるプレースタイルで観客を魅了します。パワフルなチェアワークも見どころです。

リオ銀メダリスト、世界3位アルフィー・ヒューエット選手

つづいては、イギリスの22歳アルフィー・ヒューエット選手です。

アルフィー・ヒューエット出典:ITF公式

まだ22歳という若さでありながら、リオパラリンピックでは堂々の銀メダル。

グランドスラムも全仏で2017年、全米では2018年・2019年にタイトルを獲っています。

2018年には世界ランク1位も経験していますし、若手ながら金メダル候補の一角と言っていいでしょう。

 

全豪準Vでリオ金メダリスト、イケメンのゴードン・リード選手

続いては、現在28歳、イギリスのゴードン・リード選手。

ゴードン・リード出典:ITF公式

 

現在世界ランキングは6位と少し下がっていますが、2016年には全豪、ウィンブルドンを制し、キャリアハイの1位を獲得。

2017年からはユニクロと「グローバルブランドアンバサダー」を契約し、長期パートナーシップとしてサポートを受けています。

また、前回大会のリオパラリンピックで金メダルを獲得していて、2020東京パラリンピックでは2連覇を狙います。

パラリンピックという大舞台で力を発揮し金メダルを獲得するには、経験も一つの要素ですよね。という意味でも金メダルに近い存在と言えるかもしれません。

そして、なにより管理人イチオシのイケメンです(笑)甘いマスクで女性必見の選手です!



2020東京パラリンピックで女子の注目の選手は?

ここからは女子の注目選手について紹介していきます。

全豪V、世界ランキング2位の上地結衣選手

まずは車いすテニス女子、日本のエース上地結衣選手。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paralympics(@paralympics)がシェアした投稿

今年最初のグランドスラムである全豪オープンを優勝し、2020年最高のスタートをきった上地結衣選手。

これまでにパラリンピックは2度出場しているものの、リオオリンピックの銅メダルが最高成績。いまだ金メダルはありません。

母国開催となる2020年パラリンピックは、まだ獲ったことのないパラリンピックでの金メダルを全力で狙っていくことでしょう!

私たちも全力で応援しましょう!

現世界ナンバー1、ディード・デグルート

ディード・デグルート出典:ITF公式

続いて紹介するのは、オランダのディード・デグルート選手。デグルート選手は、2018年にITF世界チャンピオンに選ばれています。

上地選手の2歳上のデグルート選手、すでに10度以上グランドスラムのタイトルを獲得。そして、2019年にはキャリアグランドスラムを達成しています。

2019年には世界中のスポーツジャーナリストの投票で選ばれる「ローレウス世界スポーツ賞」の「年間最優秀障害者選手」にノミネートされました。

上地選手との対戦成績は、デグルート16勝上地14勝となっており、デグルート選手が一歩リードする形。

上地選手の金メダルを阻止するとしたら、最大のライバルであるデグルート選手ではないでしょうか。

 

リオ金メダル、美人選手ジスカ・グリフィオエン選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

JiskeGriffioen(@jiskegriffioen)がシェアした投稿

オランダのジスカ・グリフィオエン選手は、現在の世界ランキングこそ53位ですが、リオで金メダルを獲得した選手です。

2015年に全豪・全仏を、2016年に全豪・ウィンブルドンを制覇し、世界ランク1位となりました。

圧倒的な強さと華やかなビジュアルで人気でしたが、2017年に引退しています。

 

しかし、ファンの期待に応えて(?)2019年9月に試合に復帰!!!

徐々にランキングを上げてきています。

ディフェンディングチャンピオンとして、2020東京パラリンピックに出場が叶うのか、今はまだわかりません。

しかしながら、かつては断トツの世界ナンバー1だった選手です。

再びパラリンピックの場で、美しく力強いグリフィオエン選手の姿が見てみたいなとも思います。

 

 



まとめ

いかがでしたか?

ここまで、東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、男女それぞれの注目選手についてみてきました。

もちろん、日本の国枝慎吾選手や上地結衣選手に優勝して金メダルを獲ってほしい!

それは大前提なのですが、競技を面白く見るという点では、イケメン選手やかわいい美人選手に注目して観戦するのも一つかもしれません。

また、新たに注目選手を見つけたら、追記しますのでお楽しみに!

シェアしてくれたら嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です